オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

一口感想

『みつどもえ』07.「ガチで愛してしょうがない !?」
 一話の「チクビ」ネタからずっと、勘違いを笑いに繋げるパターンが多いような。
アンジャッシュ的、というか。
 子供向けヒーロー物『ガチレンジャー』への情熱を語っている矢部の言葉を、自分のパンツに欲情した変態の妄言と勘違いしてしまう ひとはが、可笑しかった。

『HEROMAN』20.「ミッシング」
 今回からまた新たなエピソードが語り始められたけど、一番の見所は「ジョーイの女装」なんだろうな。
 期待されていたネタであり、満を持して見せた…のかと思うが、アッサリしており、衣装への拘りや羞恥の描写は弱く、ストーリー的にも大した意味が無くて、拍子抜け。
いや、可愛いことは可愛かったけどね、もっとあざとくやって良かったろう。
 一緒に女装したサイもそれなりに可愛いことで、対比もちょっと弱かったかなあ…彼は男姿のまま、ジョーイとカップルに見せかけて互いの反応を描いた方が楽しかったかも(やりすぎると海外展開で障害に?)。

『MM9』06.
 期待の樋口 真嗣監督回だったが、「小津をやってみたかった」以外のことは伝わらず、残念。
 ここのところ数学者お母ちゃんの活躍が目立つけれど、そんなに魅力的なキャラクターだとは思えないので……

『セキレイ~Pure Engagement~』06.「婚グ言葉」
 変更点も含め、原作の魅力を活かしたい・キャラクターをきちんと描いてやりたいアニメスタッフの気持ちが伝わってきて、好印象。
 月海は可愛いなあ。

『生徒会役員共』07.「だんだん大きくなってくわ/津田くんはボーイズラブ」
 原作一巻を読んだ範囲ではそうでもなかったんだけど、アニメ版を見ていると、チビのスズが可愛く思えてくる。
 背が小さくて幼く見える、というコンプレックスを除けば、マトモだからなあ…生徒会女性陣他二人の煮詰まった異常さと比べればケタ違いに。
 この作品、主人公の周りは美少女で固められているが、残念なことに、とてもじゃないけど恋愛対象とは成り得ない個性の持ち主が多い。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』07.「DEAD night and the DEAD ruck」 | HOME | 『スター・ウォーズ』時系列順放送>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |