オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『HEROMAN』最終26話.「フェイス FAITH」

 盛り上がる形式を取っていたし、悪い、とする最終話ではないと思うが…
物足りない。

 ラスボスは、普通にスクラッグの旧ボス・ゴゴール。
本星から更に戦力を増強した部隊が到着するものかと思っていた。
スクラッグって、地球に来た勢力だけで全て?
 侵攻惑星を破壊しつつ、星から星へと渡っていく、『ガメラ2』草体とレギオンを融合したような存在か。
 本当に「侵略者」「破壊者」としての存在だけでしかなく、理解できる内面とかゾッとする異質さは弱い敵。

 ウィルのドラマが完結していないよう見えるのは、残念。
超常的なヒーローマンを介してなら、元の人間姿に戻してやることも出来たんじゃなかろうか。
 同じく改造スクラッグにされてしまったニックは、憎しみを募らせてスクラッグを凌駕・支配する存在となり、真のボスとなって人類絶滅を目論み再登場…かと予想していたけど、それほど大事な扱いのキャラじゃなかったみたい。

 盛り上がるべきクライマックス周辺で、「苛立つマネをする馬鹿マスコミ」を見せた意図は?
ジョーイらの足を引っ張った、という以外、彼女らが失点を埋めるような行動を示す事はなく、かといって更に致命的な愚行を重ね最悪の状況へと導く訳でもなく。
「戦いの邪魔」扱いせず、単にヘリで飛び回りながら中継しているだけの人達に描いておけば良かったような。
 ああ、報道という「大義」のため命すら捨てる覚悟、という事で独善的ヒロイズムを満足させようとする、客観的に見れば傍迷惑なマスコミの姿と対比して、ジョーイの安易な(一人決めた死をも睨む)行動を戒め、真のヒーローに描きたかったとか?

 リナはまだしも、ジョーイ姉であるホリーがラストバトルで果たす役割が弱い。
パターンながらスクラッグに捕らえさせ、人質扱いにしてジョーイの戦う理由に加えれば…というのは既にやってるんだっけ。
 活躍が弱いのは教授もサイもだし、チームの一員に加えたはずの女先生なんか存在自体を忘れてしまいそう。

 この作品は、ジョーイがヒーローになるまで…というか、「ジョーイはヒーローになった」とすれば制作意図は達せられる、終わって良い物語だったのか。
 ヒーローマンは、ジョーイ父のイメージから作られた(父が力を貸してくれた?)超常存在だろうから、父と子のストーリーとしては「ヒーローマンをジョーイが乗り越えていく」事で完結して欲しかった。
ジョーイがヒーローマン状に変身し…とか、そういう展開を期待したけれど。
 ヒーローマンはジョーイが形作っているのだろうから乗り越えるもヘッタクレもなく、また今日的に「最後まで一緒に戦う」のが間違いだとも言えないが。
 ヒーローとして死んだ父親の記憶は、勇気もくれるのだろうが、自身ヒーローになろうとするジョーイの心に影を落とす「呪縛」ともなっている辺り、スタン・リーっぽい捉え方かな。

 ドクターミナミの脱獄は当然の予想範囲内だけど、決戦に間に合わせないと余り意味がないような。
第二期を見据えての事、なのか…悪役としてもそんなに魅力的ではなく、別段嬉しくはないが。
 米政府からの逃亡編とか、構成として「無駄」を感じさせる所が多かったのも、残念。
テーマへの絞り込みをもっと強力に行って欲しかったな。
 決して つまらない訳ではない、しかし、頑張っている作画や演出が第一話から醸し出していた「凄いアニメになるかも」という期待感に不足無く応えられる内容だったかというと、個人的には、うーん。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『オオカミさんと七人の仲間たち』最終12話.「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」 | HOME | 『天装戦隊ゴセイジャー』31.「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」>>

この記事のコメント

本当は4クール予定だった所を急に2クールに短縮したらしいからその辺の影響が出ているんでしょうね。
脚本も後半ぐらいまで出来てて、変更できなかったらしいし。
2010-09-26 Sun 15:47 | URL | #pIdoJU9A[ 編集]
 そうだったんですか。
しかし、作品は「出来上がったもの」で評価されてしまいます…制作者は凄く無念でしょうけど。
 いつか完全な形を見られれば良いのですが、難しいでしょうね。
2010-10-05 Tue 09:12 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |