fc2ブログ

コミュニケーション

 娘の世話と仕事と娘の世話と娘の世話で、一日があっという間に終わる。

 抱っこ紐で娘を抱えて歩いていると、商店の店員さんや通りすがりの人から非常に良く話しかけられる。
何しろ人付き合いなんて まるでしてこなかった人間であるため、戸惑ってしまう…だいぶ慣れたけど。
 先日も、オジサンというより爺ちゃんと道で擦れ違った際、後ろから その人に「ああ、ちょっと!」と大きな声で呼び止められる。
爺ちゃん「男の子女の子?」
自分「あ……えーと、女の子です」
爺ちゃん「何歳?」
自分「十ヶ月目で…」
爺ちゃん「元気?」
自分「はあ、おかげ様で何とか…」
爺ちゃん「良かった、良かったねえ、じゃ!」あとは振り返りもせず颯爽と歩き去る。
 うーんと、確かご近所の方じゃなかったと思うんだけど、エラくフレンドリーだなあ。
 いや、これが人らしいコミュニケーションというモノか。

 ただ、あの、また違う日、ベビーカーで店の前に立ち止まり、ヨメの買い物待ちをしている時、四十歳ぐらいか…の痩せた女性が、コチラに声も掛けずイキナリしゃがみ込んで、娘の手をグッと握りブラブラと揺すりながら「ちっちゃい手ね~(小さい声)ちっちゃい手ね(少し大きな声)」と言った事があり……失礼ながら少々の不安を感じてしまう。
知らない女性に子供の足を折られたとか、そういう事件もあったことだし。
 過剰反応だとは思うんだけど、せめて「触ってもいいですか?」とでも言っておいてくれれば、少しは警戒が緩められるのに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク