オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『トワイライト~初恋~』

 地上波でも放送されたけど、衛星放送を録画してあった映画『トワイライト~初恋~』を見る。
 原作は米でベストセラーになっており、映画もかなりのヒットを記録している、という事で、いくらか期待しての鑑賞。

 転校してきた少女が、新たに通い始めた学校で美青年と出会い、不思議な力を持つ彼に好意を抱くが、彼の正体は……
というあらすじから想像する、大体その通りの内容。
 う、うーん……映画にまとめるため内容が改変されている可能性もあるが、それにしても「よくあるパターン」としか言い様がない。
 日本であれば、ライトノベルの編集部にこの小説を持ち込んだとして、最大限好意的に見てくれても、「大筋はこれでも良いけれど、ここからどういう味付けを加え、この作品ならではの面白さを作り出していくかが大事。それが欠けている現状では商業出版に耐えない」と言われて返されるだろう。

 アメリカにはライトノベル的な物が無い、という話があり、だから、子供でも読みやすく・分かり易く・気持ちを入れやすくて何ら難しいことを語らない、この作品が受けたのかな。
 全編緩んだ雰囲気で緊張感が無いけれど、せめてラストバトルの逆転には僅かなりともアイディアを掛けて欲しかった。
力も入らず終わってしまうバトルには、逆に凄い、とさえ感じてしまう。

 美青年の顔が、天野 喜孝描くところの、ちょっと気持ち悪い(失礼!)美形みたいで可笑しい。
でもまあ、ここが映画の「命」であり、大ヒットしたという事は、観客の好みに合っているんだろう。
 ヒロインはなかなか可愛いかな。
 『ジョジョ』『HELLSING』から『月詠』『ときめきトゥナイト』まで、吸血鬼物に恐ろしく広いバリエーションを持つ日本作品に触れてきた人なら、主演俳優達のファンでもない限り、別段見る必要がない映画。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『はじめて記念日』 | HOME | 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』08.「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |