FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『えむえむっ!』最終12話.「クリスマスの願いごと」

 主人公がドMだ、という設定は、他にない強烈な特性であり面白味でもあったけど、無理があると感じられる場面も多々あり、上手く使いこなせていたのかは最後まで難しいところ。

 記憶喪失によりドMが一時的に治る話は、以前の催眠術話と印象が非常に似通ってしまい、うーん。
 二つの話で、メインヒロイン二人が主人公に寄せる気持ちの変化を感じ取らせたかったのだろうが、美緒もデレな姿を かなり前から見せており、差が分かり辛い。
主人公の位置を一般的萌えものより変則的にしてしまったため、視聴者に心地良さを感じてもらえるヒロイン達との距離が限定され、バリエーションを付けるのが難しいのかな。

 典型的ツンデレキャラ、とはいえその魅力を全開で発揮してくれる美緒は魅力的。
 トラウマの開示と解消(?)以降はちょっと弱くなってしまったが、嵐子も可愛いことに違いなく。
 女装美少女・辰吉と主人公の関係は、もっと力を入れて彫り込んでも面白かったような。
ただ、異常な主人公に対し、異常なヒロイン?を余り強力に絡めると、相殺されて逆に楽しさが薄れる恐れもあるか。
 バカ全開、肉親の情を遙かに超えて都条例に引っ掛かりそうな願望を丸出しにしている主人公の母姉が、一番好み。
彼女らが記憶を失い(催眠術にかけられ)ごく普通の一家になってしまう話も、見てみたかった…主人公は、安心する・物足りなく思ってしまう、どっちだろ。
本編中で近親妊娠騒ぎまでされては、同人誌で出来ることなんて もう無い?
スポンサーサイト




アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『マイマイ新子と千年の魔法』 | HOME | プレゼント>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |