オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『Rio-Rainbow Gate!』01.「ゴッデス オブ ヴィクトリー」

『Rio-Rainbow Gate!』

 その姿を見ただけで客がカジノで勝ててしまうディーラー、って、役に立たないというか店側にとっては損失のような。
 と思ったけど、店内における客の勝ち率をかなり辛くしておいても、「彼女さえ現れれば勝てる」という伝説というか劇中で言われている通り「勝利の女神」が存在するなら、それが噂になって客を呼び寄せてくれる可能性があり、広告費として多少の出費は構わないのか。
カジノ側が、「偶然のようにバラけて起こる大当たり」を「彼女の登場と共に起こす」設定にすれば、損も全く無いのだし。
 客寄せとして強力であろう彼女に子守なんかやらせるのはマイナスだけど、一日中店内に居られては困る事情を考えれば、納得。
 しかし、彼女がディーラーを務めているゲーム台では、勝率はどういう事になってんだろ?

 ストーリー。
 これで真面目に作ってるんだとしたら驚き。
誘拐…じゃなく少女の縫いぐるみ窃盗?を衆人環視の元、ゲームで決着しようという考え方が宇宙人並みのキテレツさで、そのゲーム内容も、シリアスでなくイメージ勝負なのは構わないとして、「意味が分からない」もの過ぎ、ポカーン。
多少は「なるほど」があっても……
 余りの超展開ぶりに笑ったりはしてしまったけど、それが狙いだったのかなあ?

 今回の内容が「狙い通り」だったのかは、もうちょっと見てみないと分からない。
 三話ぐらいまで見ての判断で。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『君に届け 2ND SEASON』00.「片想い」 | HOME | プレイ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |