オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『Rio RainbowGate!』02.「ゲートホルダー」

 恐ろしくドジな女の子が登場し、さんざ迷惑を掛けて回り、しかし彼女の起こしたイレギュラーによって完璧だったはずの敵に僅かな綻びが生じ、リオが勝利を収める……という話だったんだと思う。
 それはそれで良いんだけど、勝負の際に見せられたバトルイメージが、このドジな女の子のしでかした事と関係あるように見えない、というかサッパリ意味不明。
 イメージでは何が何だか分からず、それが終わった後、現実を示すワンカットのみで勝利の理由とする、つまり「イメージシーンは無い方が分かり易い」という困った作り方。

 致命的な欠陥だと思うが、ダメさが行き過ぎているため、異次元すっ飛びバトルの最中、つい笑ってしまう。
 「笑わせる」じゃなくて「笑われる」作り方なので、肯定は出来ないが…まあ結果的に「ココがこのアニメで一番面白いところ」になっているのだし、こんな反則技もアリか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ドラゴンクライシス!』01.「さらわれた少女」 | HOME | 『フラクタル - FRACTALE -』01.「出会い」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |