オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『これはゾンビですか?』01.「はい、魔装少女です」

『これはゾンビですか?』

 原作未読。
 幼馴染みか妹の美少女が起こしに来ないだけで、フツーに起床し、登校して日常生活を送る主人公。
ごくごく退屈な生活描写から幕を開ける…登校前、居間に一瞬「甲冑らしき物を身に付けた少女」が見える以外は。
 タイトルからシリアスではなかろうと思いつつ、笑わせに来ていない地味な流れに油断していれば、子猫を助けて車に跳ねられる瞬間「自分はゾンビだ」と妙な笑顔でカミングアウト(誰に?)。
 弾き飛ばされて木の枝にぶつかり服が脱げていく、ヤケクソな程のバカ展開で一気に雰囲気を変えてギャグに持っていく、この強引さが楽しく、心を掴まれる。

 予告で自ら突っ込んでたけど、ゾンビは「致命的な肉体の損壊も意に介さず動ける限り動き続ける」モノで、魔的エネルギーにより?破損してもすぐ治っているような様子からは、『3×3 EYES』无(ウー)の方が近いような。
死を気にしない、笑いにさえ用いる所は、『キャプテン・スカーレット』(主人公の生死に関する扱いが酷すぎる)も思い出したり。
 日光に当たると体が乾燥して…闇のネクロマンサー能力による庇護が薄れて?カサカサになる、というのは本人自覚があるみたいだから、授業中も「皮膚に病的トラブルがある」とか言ってカーテンを閉めてもらえば良いのに。
まあコレは、設定を絵で見せる、笑いに繋げる必要から こうしてるんだけど。

 主人公男子による魔装少女への変身シーンが、じっくり時間を掛けた、手間の掛かったものであるのが可笑しい。
 顔は元々「女の子」としても通用しそうだが、男らしく見せるべく、柔らかさの感じられない尻に描かれているのが、素晴らしいけど悲しいなあ。
「男の娘」としての人気も頂いちゃおう、とかいう妙な色気はなく、ギャグに徹してるのが爽やか。

 アクションの見せ場もあり、哀れなオチも決まって、欠けた所のない第一話。
 不謹慎な(笑)次回予告の絵も楽しく、気負わず見続けられそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『放浪息子』01.「おんなのこって なんでできてる?」 | HOME | 「好き」の反対>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |