FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-』01.「共鳴 -つないだ手-」

 墜落した(衝突・撃墜された)シャトル、唯一の生き残り少年・ジンが、主人公。
シャトルパイロットが父親だったことと、奇跡的な生存により、ジンは好奇と非難の視線に晒される。
 …隕石?と衝突した、という事実は認識されてない?
それが分かって・公表されているなら、人為的な力で どうこう出来る事件ではないと分かりそうなものだけど。
 何かしらの陰謀を彼にこじつけるにしても、かなりアクロバットな物語が必要になるはず。
 その記事を書いた男の行動から、「真相」を彼らは知っていて、人々の目からそれを隠すため記事をでっち上げている、というのが本当?

 うのまことデザインによる、肉感的なオネーさんが多数出て来ており、目に楽しい。
内容が少々どうであろうと、これだけで見続けていられそう。
 謎の女の子が見せる驚異的な体術に、きちんとパワーが乗っているのも、見応えあった。
 ただ…その作画イメージが強烈すぎて、前作『ウィッチブレイド』と似通った作品に思えてしまうのは、痛し痒し。

 物語は、まだ本当に始まったばかりで、何とも判断できず。
 面白くなると良いなあ。
スポンサーサイト




アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『BLUE DROP~天使達の戯曲~』01.「Hydrangea」 | HOME | 『機動戦士ガンダム00』01.「ソレスタルビーイング」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |