オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ドラゴンクライシス!』08.「危険なテスト」

 ローズの、保護欲をかき立てるキュートさが目に沁みる、正統派ジュブナイル。
 今回、新登場した迷惑な研究馬鹿・ビアンカの性格付けも、彼女が巻き起こす騒動も、予想を大きく超えるものではなく、しかし決して悪い内容でもなくて、実にスタンダードなストーリー。

 危機を救ってくれた竜司の姿に、幼い頃のビアンカを助けてくれた竜司父(多分)が被る辺りに、彼女の行動動機や好意発生ポイントがありそう。
もっと踏み込んで欲しかったけど、隣の部屋に越してきてレギュラーに加わるようだから、まだ彼女が魅力を増すイベントは取ってあるのかな。
 作画的には、剣のパワーを発動させ、一太刀で巨大な敵を破断する竜司の迫力と、落ちてきたビアンカを空中で待ち、受け止めた反動で回転しながら飛び去るローズという「ビアンカの重さ・ローズの軽さ・発生させている不思議な飛行力」を感じさせるシーンが素晴らしく良くて、感心。

 前回「狼たちの真実」で描かれた、狼少女アイとマスターの関係も、「信じ切っていたマスターが実は自分を酷い境遇に追いやっていた悪辣な男だと知り、怒りを燃やすアイ」という、まあ分かり易い筋立てで、いつも通りかなあ、と思ったが…
 それでも危機に陥ったマスターを気遣い駆け寄るアイと、最期に彼女の気持ちを解き放とうというのかウソをつくマスターに、「信頼」でも「愛」でもない、「良い話」と言うのも憚られる、うーん何だろ、一言では表せない複雑な人間の有り様が感じられて深く、沁みる。
 ここだけでも、このアニメを見てきた甲斐があったなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『フラクタル』07.「虚飾の街」 | HOME | ニンテンドー3DS>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |