オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

 「久方の 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ」
って、ほぼ満開になろうかという街の桜を見ながら、ふと。
 キレイだけど どこか哀しい歌で、今年の桜を表すにこれ以上のものは無いよう、思えます。
スポンサーサイト

日記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)』01.「All's well that ends well.(終わりよければすべてよし)」 | HOME | 『戦国乙女~桃色パラドックス~』01.「転送乙女」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |