fc2ブログ

『変ゼミ』02.「食と嗜好から見る快楽様相に関する考察」

『変ゼミ』

 原作未読。
 アニメが始まってから、雑誌連載のモノを読んでみたけど、「カニバリズム」とかをテーマにした話で うわーうわー。

 萌えとかエロをアニメに求める現状への、アンチテーゼというか嫌がらせのような作品。
 キャラは可愛いのに、カルピス原液を更に十分の一程度まで濃縮したような、素では飲み込み辛い濃すぎる内容にしているため、これで興奮できるかは、ネタと、視聴者の嗜好が合致しているかどうかに寄る。
ズレがあった場合、「笑えない」ぐらいなら穏やかな反応で、作品自体を拒絶する可能性さえあるだろう。
 ギャグだから、細かいこと言わない、違和感やら異物感も楽しさの内、と考えられない視聴者には、向かないかも知れない。

 現在のアニメ業界を、ぬるいとか腐っていると考える制作者は、このアニメに関わるべきじゃなかろうか。
「お前らが見たがっている(会社が作れと言ってる)作品傾向を突き詰めるとこんなトコまで行っちゃうんだよ!」という意味で。
 そんな気持ちが通じるかどうかは分からないけど。
 この作品が目指す「面白さ」の設定は明確であり、そこへの到達度も高いため、認められない視聴者にも「つまらない・出来が悪い」訳ではなく「自分に合わない」内容なのは理解できるだろう。

 このアニメを見て「うわー」「勘弁してー」と感じるのは、マトモな証拠。
自分も、面白がりながら、少々引いてしまう部分がアリ(職業柄、それが誉められた事かは知らず)。
 心を揺さぶり、常識を危うくさせる、アブナい作品。
 視聴継続。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク