fc2ブログ

『Aチャンネル』03.「同級生」

『Aチャンネル』

 原作未読。
 キャラや雰囲気の印象は、『けいおん!』か『ひだまりスケッチ』といった所。
ユー子の外見や弄られキャラとしての特性など、澪を彷彿とさせるし。
 でもまあ、当然ながら作品としての中身は違う。

 『けいおん!』でも梓が居たけれど、この作品では、より、学年の差、僅か一年程度のことではあるけれど学生時代は越えがたい壁ともなる上級生と下級生の関係を、(ここまでは)メインで描いている。
 大好きな幼なじみで ごく親しくしていたが、一年遅れて高校へと進学してみれば、るんに同級生の友達が出来ていたことで、トオルの感じてしまう距離。
 天然で幼くもあるため、そういう微妙な気持ちに気付かない るん。
 「下級生として」トオルを可愛く思い、仲良くするユー子とナギ。
 るんとの距離を自分からは遠ざけまいと(単に苦手なタイプだったから?)、同級生の友達を作るのに消極的なトオル。
 誰にでも覚えがあろう、身近で些細な出来事。
 自分も、高校時代、学年が上がって仲の良かった友人らと一人クラスが別になり、長い休み時間には別校舎にある彼らの教室まで遠征していた記憶があるもので、凄く良く分かり、懐かしい。

 女の子達はみんな可愛いけれど、やっぱりトオルに注がれる制作者の愛情を感じてしまう。
 未熟で暴力的なところがあり、裏腹にしっかりした優等生的な側面も持ち、るんに対して姉のように世話を焼き、でも妹のように甘える。
複雑なキャラだが、それぞれの要素が魅力を主張し、全体として「凄く可愛い」少女に見せるバランスが素晴らしい。
 こんな妹か娘が居たなら、ベタベタに可愛がるな、いや、面白がって遊んでしまうか。

 仄かに色っぽさ(エロではない)の絡むネタがあるのは、『けいおん!』『ひだまり…』との差異。
さすが『咲-Saki-』の監督作品、と言うべきか。
 構えず気楽に女の子達のドタバタを楽しめば良いアニメ。
 視聴継続。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク