fc2ブログ

『もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)』03.「みなみは人の強みを生かそうとした」

『もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)』

 原作未読。
 話題は聞いたことがあり、凄く売れているのも知っているが。
 ドラッカーも勿論読んでおらず、内容も全く知らない。

 野球に別の発想・論理を持ち込み、女子マネージャーが作戦参謀のようになって勝利を収めていく話…だと勝手に思い込んでいたけれど、そういう訳じゃないのね。
 三話まで見た限り、元々ある程度の実力を持っている野球部が、人間関係や練習法など様々な問題を抱えているがために力を十分に発揮できないでいたけれど、マネージャーの努力や たまたまや必然でもって次第に効率的に機能し始め、本来あるべき力を取り戻す、って感じなのかな。
 ドラッカーからの提言として語られている内容は、そんな独創的であったり衝撃的でなく、言われてみれば ごくごく当たり前の事ばかり。
分かっているけど実行できない、その方が良いと思っても躊躇ってしまう事を、経営学の観点から洗い出し、改めて「やった方が良いんだよ」と語るところに大きく意味があるのか。

 マネジメント、という本を野球へと使う所にテーマがあるので、野球をどう面白く描くか、辺りは弱い。
野球部の廃部を賭けた試合を設定するとか、憎々しいライバルチームを出す、といった仕掛けはしておらず。
 ストーリー面だけでなく、演出・作画共に過剰な気合いは入っておらず、緩い印象。
 そのため、気楽に見られて良い、あるいは、どうも集中力に欠けてしまう、どちらかの感想になるんじゃなかろうか。
自分は、後者。
 つまらない訳ではないので抵抗もあるけれど、今期は見ておきたいアニメが多く、ここまでに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク