fc2ブログ

『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』

 WOWOWで放送された『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』を見る。
 監督・水島精二、脚本・黒田洋介など、スタッフが再集結して作られたもの。
 テレビシリーズを見終えてから結構な時間が経っており、内容に入れるか…?と危惧したけれど、さして難しいところは無く。

 これまでの『ガンダム』サーガは、ニュータイプやコーディネーターなど次世代の、ではあっても「人間同士」の物語だった。
当然、この『00』も、テレビシリーズは、そう。
 全くのエイリアンと戦うストーリー、というのは初めてかな。
 同化侵略なら、『スター・トレック』ボーグのメンタリティーに近い?
形状や特性など外部情報はともかく、知識や感情の動きなど、内面情報を同化吸収して利用しよう、とは考えてなかった(余りにも異質で不可能だった?)みたいだけど。
 無数に存在し、自らの被害を考慮せず襲いかかり、一切の交渉も譲歩も…通常のコミュニケーション自体が有り得ず、相手の攻撃方法を学習して進化する。
 長い『ガンダム』サーガの中で、最強・最悪の敵かも。
 ああ、でもデータの形で存在し、肉体を単に消費材と考えるティエリアは、彼らに近いのか。

 この異星体ELSとのバトルは、だから熾烈を極め、劇場版の頑張った作画と相まって、非常に見応えのあるものになっている。
…「敵の損失」が分からないため、ほぼ一方的に地球人側の損害が示される事となり、テレビシリーズで印象的だったキャラクター達が次々倒れていく消耗戦の様相を呈していたが。
 亡くなったキャラについては、無駄死にとせず、抱いた心の傷や理想への希求が昇華する形を取っており、ただ悲惨ではないのが救われる。
 死亡フラグをビシビシ立てながら、今回ものうのうと生き残る「不死身」の男が可笑しい。
彼が死んでいたら、この映画の後味はかなり変わったモノになっていただろうな。

 刹那によるファースト・コンタクトは…
 うーん、よく分からない。
「よく分からないモノとのファースト・コンタクト」なのだから、そういう見せ方以外に無く、「実は人と何も変わらず愛を求める生き物だった」とするよりずっと良いとは感じつつ。
 今回は異星体の形を取っているので見失ってしまいそうだが、『ガンダム』は「とても分かり合えるはずがない者同士が分かり合う、少なくともその可能性を示す」物語だったと思う(『ヤマト』も『マクロス』も、そうだと言えばそうなんだけど)。
そういう意味では、恐ろしく距離のある相手を設定してあるだけで、テーマとしてはそんなに異質じゃないのかな。

 色々と描きたいモノがあったのだろう、しかし時間に厳しい限りがある劇場版の制約故か、物足りない終わり方に思えるのは残念。
 『スター・トレック』ボーグもそうなのだが、「遠くに思えた相手は、いざ近づいてみると単純・純朴」という形に落とし込まれる事が多く、ELSより人間の方が、分かり合う距離は遙かに離れているんじゃ?などと感じてしまう。
 まあ、ELSは恐らく、最初から侵略や地球人の根絶を計っていたのではなく、近づこう・繋がろうとしていたと思え、ならばコミュニケーションが一度成り立った以上、再度敵対する理由など無いか。

 刹那とマリナの関係については、誤解の生じようがないほどカッチリした結末を示したが、フェルトが刹那に寄せていた気持ちはどうなったのかなあ?
 その他、ソレスタルビーイングの仲間達もどうなったのか。
 全部描ける訳がないのは当然だけど、マリナとだけ未来を見せてくれるから、つい気になってしまう。
 スピンオフならともかく、正当な続編の有り得ない、絶対の完結。
いや、ELSの同化変形能力を取り込んだ超新型ガンダムで宇宙壊滅を目論む異次元人と戦う、とか何とか、続けられないことはないが、蛇足の極みだなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク