オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』24.「Xラウンダー」

 アセム編に入ってから、色々と上手く噛み合いだしたようで、面白い部分が出て来た。
 特に、アスノ家二世代の確執。
 フリットは、ユリン及び母親を殺されたことを恨みに思い、ヴェイガンに対し激しい憎しみを抱く。
対話や和平が成り立つとは恐らく思っていない。
それでも、「ヴェイガン殲滅のためならどんな犠牲も払う」という所まで狂信的にならず、被害者は少なく…といった戦い方を考えられるのは、年月による熟成か、立場がもたらす責任感か。
 アセムは、ゼハートとの学園生活で友情を育んでおり、ヴェイガンを理解できない・憎むべき相手とは思っていない。
父への反発、その父が敵を憎悪する理由に、母ではない少女の死が関わり、結果として愛に満たされない母の存在が生み出されており、理解したくない気持ちも?(これは知らないんだっけ)

 親子の過ごした時間や、それがもたらす考え方の違いが、真逆とも言えるヴェイガンへの対応に現れている。
 誰一人犠牲を出したくない、というアセムの子供っぽい反応も、実戦経験不足とやはり父親への反発がもたらしたもので、この確執は面白くなりそうだなあ…と思っていたが…

 えええ、アセム豹変?
 ゼハートと戦って負けたから?ロマリーが自分より彼を選ぶようなそぶり(と思い込んだ)を見せたから?
ちょっと変化が急すぎて、付いていけない。
 うーん…こういう形に変える理由がよく分からないなあ。
良い子過ぎるアセムの幼くて未熟な側面を描くプロセス?
ここから、大きく回ってまたゼハート・ヴェイガンとの友情が成り立つようになるのか。
 ゼハートの心が異様に広いため、まだ復縁の道はありそうだけど、普通なら完全に断絶、憎しみ合う仲になって不思議無い。

 ヴェイガンとの戦いで、敵一対味方複数、というフォーメーションを指示するフリットは、何となく有能。
それだけ圧倒的な戦力差があったから、取れた戦法だけど。
戦艦等の全力砲撃で戦闘空間を分断し、細かく分けた一つに地球側全戦力を投入、効率的に敵を壊滅させていく、とか。
 自分ならではの戦い方を見つけろ、というような事を言われ、試行錯誤するアセム。
しかし…新しい戦闘パーツで優位に立っては、楽すぎるような。

 三世代目、アセムの子供編。
 ヴェイガン女性との間に子供が出来れば一番良いと思うんだけど、まだそういう候補は居ないか。
 じゃあ、乗船の大破により宇宙を漂流していたロマリーをゼハートが救助、数日を彼の船室で過ごした後開放されアセムの元へ、死んだと思っていたロマリーの帰還にアセムの感情が爆発し…
で、どちらの子の可能性もある三世代目が生まれるのは如何でしょう?(一応は子供向けアニメ)
スポンサーサイト

アニメ | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<『パパのいうことを聞きなさい!』最終12話.「世界で一番パパが好き」 | HOME | 『ブラック★ロックシューター』最終08話.「世界を超えて」>>

この記事のコメント

すっかり自分の中ではギャグアニメと化したAGE。
とてもマトモに付き合う気にはなれないのは、フリット編で既に学習済み。
ってか、アセム編なのにフリット出しゃばり過ぎ。AGE1を駆って平気で最前線に出るとかw
一応、連邦の総司令官なんだから部下も自重する様に進言しろよ、と。
しかし、もっと言ってしまうと、どうせ出るんならフリットがAGE2を使った方が効率良く更に敵を倒す事が出来るんじゃね!?
アセムの存在意義は―
24話は韓流ドラマなんですってよ、奥さんw


閑話休題。
バンダイチャンネルのサイトにて今週土曜から始まるヤマトの10分PVを見る。
殆ど旧作のリメイクでセリフとかもほぼ同じ。
CG臭さもかなり軽減されてるかな。ちょっと沖田艦長が若返った印象アリ。
古代(兄)のガミラス艦特攻は旧作よか良い感じに仕上がってた。
うーむ、劇場で見たい気になってきたがどうしたものか・・・
ttp://www.b-ch.com/contents/feat_yamato2199/
2012-04-02 Mon 21:13 | URL | u12 #-[ 編集]
u12様
>ってか、アセム編なのにフリット出しゃばり過ぎ。
まぁフリットが有能であればある程アセムが焦りや嫉妬で駄目になっていくのが話の肝だった
ようなので…
アセムは某ミスタージャイアンツの息子が試合中観客から馬鹿息子と野次を飛ばされり
色々と苦労があった話的な境遇のキャラなんでしょうねぇ、多分

>一応、連邦の総司令官なんだから部下も自重する様に進言しろよ、と。
ネオジオン総帥のシャアは一応ナナイに突っ込まれていましたね、確か
2012-04-03 Tue 02:56 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]
u12 さん。
> とてもマトモに付き合う気にはなれないのは、フリット編で既に学習済み。

 フリット編でハードルが凄く下がったため、「第二部」然と仕切り直したアセム編は気楽に見られてます。

> ってか、アセム編なのにフリット出しゃばり過ぎ。AGE1を駆って平気で最前線に出るとかw
> 一応、連邦の総司令官なんだから部下も自重する様に進言しろよ、と。

 そうなんですよ。
でも、ヴェイガンの方も司令官のゼハートが敵性コロニーまで出向いて、どう見ても危険な位置にある湖にメカを隠し、アセムが来るのを(そんな可能性ほとんど無いのに)ずっと待っているという無茶苦茶な行動を取ってますから、彼我の指導者レベルバランスは取れてます。

> しかし、もっと言ってしまうと、どうせ出るんならフリットがAGE2を使った方が効率良く更に敵を倒す事が出来るんじゃね!?

 そうすると、機械性能頼りで戦うフリットの命が危ないんでしょうね。
あのオヤジは息子をヒイキの引き倒しにして偏愛してますから、それは耐えられないでしょう。

> 古代(兄)のガミラス艦特攻は旧作よか良い感じに仕上がってた。

 ああ、ちょっと泣けちゃいましたよ。
馬鹿な男達の今時流行らないバカな格好良さには、弱いです。
2012-04-04 Wed 07:50 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |