オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『這いよれ!ニャル子さん』01.「第三種接近遭遇、的な」

『這いよれ!ニャル子さん』

 原作未読。
 ニャル子って何なのかと思えば、クトゥルーのニャルラトホテプを美少女化したキャラなのか。
同神は、個人的に「ナイアルラトホテップ」という呼び名で馴染んでいるため(『魔界水滸伝』の影響だっけ)違和感あるけど、元々の「クトゥルー」という神話名称から様々な表記と読み方があるのだし、気にしても仕方ない。

 ああ、こういうやり方があったか、と感心。
 クトゥルーを下敷きにしては、他の人と、何かできないか話したことがあり、美少女化してみる、邪神ばっかりの学園モノにする、等々考えたけど、「元の設定をどう活かすか」辺りで引っ掛かってしまい、上手く転がせなかった。
良く言えば真面目に取り組もうとした、って事だけど、悪く言うと頭が固くて融通が利かない自分。
 「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌」…凄い!
もうこの一言だけで、ガタガタ考えてまとまらなかったアレコレを全部キレイに吹き飛ばせる。
 これで良いんだよね。
クトゥルーである意味、なんて、これからゆっくり打ち出せば良いし、何なら出さなくても良いし。
 そんなモノより女の子の強烈さが、ツカミとしてまず大事。
 オタク設定とか、思いつきもしなかった。
ちょっと『俺の妹が…』風。
普通に考えればそうなっている訳がないキャラクターをオタクにしてみると、確かにインパクトがある。

 ニャル子に押しまくられる真尋…までは良くあるパターンだけど、フォークで逆襲するのが目新しい。
人ならざるニャル子に軽いツッコミでは通じないから、なのかどうなのか、ブスブス遠慮なく刺してるみたい。
一応は彼の命の恩人であり、なおも危険から守り続けてくれている相手なのに、それは酷い、とも思うけど、まあ人間じゃないし。
 クトゥルーらしくダークな部分(ギャグ)がもっと見えてくると、作品独自の色になるかなあ。
現状のお気楽お色気バカ路線も悪い訳じゃないが。
 楽~に見られそうなアニメ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド』02.「嗚呼、さようなら俺」 | HOME | 『謎の彼女X』01.「謎の彼女」>>

この記事のコメント

これもアニメ化が3回目でやっとちゃんとしたシリーズになったw
アマゾンではこれの放送後からラヴクラフト全集がランキングで上位とか。
なんというか…
ラブクラフトのそれはそんなに面白かったイメージはないんだが。
オタクって踊らされるのは極端に嫌がるけど、気に入って踊りだすと狂った様に踊るなぁw


2012-04-16 Mon 22:00 | URL | u12 #-[ 編集]
> オタクって踊らされるのは極端に嫌がるけど、気に入って踊りだすと狂った様に踊るなぁw

 上手く踊らされるのは好き、ってことだと思います。
売らんかなの狙いが余りに見え見えで、しかも中心になる本編がさほど面白くないのに「踊って」と言われても、無理なのは当然。
 クトゥルーは、聖書なんかと同じく、「元ネタ」としての魅力度が高いんでしょうね。
2012-04-21 Sat 14:05 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |