オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』28.「地球圏の動乱」

 あらすじ、というか、設定書を読まされているような内容。
 第三部に繋げる都合だけで、急にアセムとロマリーを接近させられても戸惑う。
ラストの結婚式にはポカーン。

 一応既出だけど…多くの人にとって以前の登場も思い出せないだろう、影の薄い首相が裏切り者だ、などとイキナリ告発されても、どう反応すれば良いのか困る。
 他の協力者など吐いてもらわねば困るはずなのに、危険な壇上でウダウダ話すフリット。
会場に余程強力な安全装置を施してあるのか、と思えば、「アセムが来て何とかするだろう」ぐらいのあやふやなモノしか無く、無計画さに驚く。
 ヴェイガンも、首相を始末するなら長距離狙撃とか広範囲爆発物を撃ち込むとか、もっと効率の良いやり方がありそう。
 ゼハート付き副司令・メデルがこんなに強いとは思わなかった、前回の攻略戦でも前線で戦っていればヴェイガンはもうちょっと戦況を有利に出来たかも。
火星に残してあるという老いた奥さんとは最後に会えたのかなあ?地球に一年潜伏していたのなら無理か、可哀想。

 実際のフィルムは「語りたいことは語った、視聴者がどう受け取るかは知らん」といったもので、誉められないけど…
やろうとした事は、多量の妄想を交えて解釈すると、面白くなりそうに思える。
 首相を単なる裏切り者・売国奴とせず、僅かに言い訳していた部分を拡大し、本当に地球とヴェイガンの、膨大な損害が生じる正面対決を避けようと、主に地球側の犠牲を出し相手側の怒りを削りつつも交渉を繰り返し、忍耐と譲歩によって妥協点を見出そうと必死の努力を続ける政治家、として描けば。
そういう彼と、「ヴェイガンとはどちらかが滅びるまで戦う、譲ることなど一欠片も無い」フリットとの対決は、政治(軍事)信条のぶつかり合いになったろう。
 首相を追い落とし、対立路線を取る政権を樹立させるのだろうフリットの勝利に終わる幕引きは、ちょっと複雑な後味になったかと。
 いっそ、フリットにより軍事クーデターが勃発し、罪もない首相を退陣させて政治の主導権まで握り、軍事政権・独裁者フリットにより地球圏を「ヴェイガン壊滅」の目的一色に染め上げる、ぐらい極端なことをすると面白かったかも。
独裁政権…三代目…不思議とどこかで…

 次回から第三部、アセムの子供・キオが出てくるのか。
 子供はヴェイガンに対し、どういうポジションを取るのかな。
祖父・父との差別化が難しそう。
 眠るゼハートは、キオと同い年ぐらいになってしまう?
 キオの戦闘才能はどれぐらいで…
 第一部・フリット編はほとんど面白く感じられなかったが、アセム編には「父と子」の視点が出て来たことで惹かれる部分があった。
キオ編は…「父と子と爺ちゃん」?
「父であり、まだ子でもあるアセム」がイイ立ち位置になりそうな。
 ここまで描いてきたものが無駄にならない、活きる展開を望みたいところ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『シャイニング・ハーツ~幸せのパン~』02.「嵐の日」 | HOME | 『夏色キセキ』03.「下田ではトキドキ少女は空をとぶ」>>

この記事のコメント

このアニメは誰に向かって何を言いたいんでしょうか?
まるで中学生くらいの子供が考えた妄想を、そのままアニメ化した様なお話し。
前回、接待アニメと揶揄しましたが本当に脚本家をヨイショするだけのものとしか、言い様が無いです。
考えて、考えてそれこそ寝ずに考え抜いた結果こう言う風にしか出来なかったのならまだ良いですが(それでもプロとしては進退を考えるべき)、当人から出てくる言葉は一見謙虚に見えるがその実、自信満々のそれこそゴーイングマイウェイな言葉の数々。
自分としては、ガンダムと冠さえ付いてなかったら間違いなく見ていないと断言出来ます。
近頃はこう言う、アニメを見ていて厭きれる出来の作品が増えてる様に感じます。
確かに昔のアニメのクオリティはお世辞にも高いとは言えませんが、こんな自分本位な作りでは無かったと思えます。
残りの話数からも確実にキオ編が、AGEの一番見せたい部分なんでしょうから、事の顛末がどこに向かって進むのか投げ出さずに見たいとアセム編最終話を見て思いました。
2012-04-23 Mon 22:37 | URL | u12 #-[ 編集]
> 当人から出てくる言葉は一見謙虚に見えるがその実、自信満々のそれこそゴーイングマイウェイな言葉の数々。

 そうらしいですね。
ぼくは発言を全然チェックしてませんから、作品外で腹を立てず済んでおります。

> 残りの話数からも確実にキオ編が、AGEの一番見せたい部分なんでしょうから、事の顛末がどこに向かって進むのか投げ出さずに見たいとアセム編最終話を見て思いました。

 打ち切りか?って噂が一時期流れましたね。
どうやらデマだった様子ですが。
 予定通りの最終回を見せて欲しいです。
それをどう受け取るかはこちらの自由、ということで。
2012-04-27 Fri 11:08 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |