fc2ブログ

『スカイライン-征服-』

 WOWOWで放送された映画『スカイライン-征服-』を見る。
 予告やショウビズでの紹介から、ずっと見たかったもの。
 何故か近所のレンタル屋には入荷せず…と思えばTSUTAYA限定レンタルなのね。
こういうの止めてくれないものか、近くにTSUTAYAが無い人だって居るんだから。
 ほぼ悪い評判しか聞かない映画で、内容の酷さは覚悟の上、「突然エイリアンの侵略が始まる」というシチュエーション自体が好きだからCGイメージに面白い物があれば良い、ぐらいの気持ちでの視聴。

 いや、別に悪くない。
 感情移入できるキャラクターは居ないし、舞台は豪華マンションからほとんど動かないし、色々なことの説明を投げてるし、傑作だとはとても言えないけど、このジャンルとしては標準的なぐらいのダメさ加減。
 CGには気合いが入っており、画面として面白いところが多々。
『クローバーフィールド』『宇宙戦争』他から頂いたようなイメージが散見されたのは、まあ仕方ない。

 以下はネタバレ。


 エイリアン、強奪した人間の脳は、兵器群の頭脳か制御機能として使っていた?
『キカイダー』のハカイダーを連想してしまう。
 人間を誘導する時に用いた青い光で脳を完全に洗脳し、兵器に取り付けて便利に使ったものか。
 青い光に晒されながら何度も自分を取り戻すことで、光照射を受けてもある程度自分を保てるようになった…のだろう主人公。
その設定を急に暴走させ、異形のヒーローが誕生するラストは凄すぎて、笑う。
ちょっと『デビルマン』いや『魔王ダンテ』かなあ、移植対象がアモンやダンテほどの特別な力を持っていれば良いけど。

 人間からもエイリアンからも追われる存在の主人公が、愛する彼女を護りつつ、孤独な戦いを始める、ここから面白くなりそうだと思ったのにEND。
コレは残念、まあ既に『2』撮影中という話もあり、この後どう展開させるのか、少しだけ期待。
 主人公、人間形態に戻れると話が広がりそう。
 主人公の脳活動を計測し、心を保てる機構を分析して「赤い光」を作りだし、兵器群に照射、人間の心を取り戻させ(我に返ったら絶望で死にそうだけど)、「デビルマン軍団」を作り上げエイリアン母船に立ち向かうとか。
 エイリアン本体は、この映画に全然登場してない訳ね。
隠れて全てを操ってるのか、強化しすぎた兵器により自分達自身も滅ぼされ・組み込まれて戦闘に使われているのか。
 エイリアン兵器は完全な破壊が難しい、母船など壊れてもすぐ再生する、ほぼ不死身に描かれており、あれ自体がエイリアンだ、ということなのかも。

 次作もCGのクオリティーを維持し、バカ展開に力を入れてくれるなら、劇場で見てもイイなあ。
 ただ…この監督、キャラクターに何の思い入れもなくポンポン殺すし、バトルの見せ方も余り上手くないので、実際のところ続編にどのぐらい期待できるかは不明。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク