オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』33.「大地に吠える」

 前回、連邦「ジャブロー」に爆弾が仕掛けられた、そこから想像される大体その通りのお話。
意味なく乗せている小さい子達が爆弾を発見し、大活躍するような展開はなかったけれど。
 シャナルアの死からキオが子供っぽく怒りに燃えるのは分かるが、八つ当たりのような問い掛けにゼハートがわざわざ答えるとは思わなかった。
「更に怒らせるようなことを言い、逆上させて操作ミスを起こさせる」周到さがある訳で無し、新しいガンダムパイロットの素性(プラス、アセムの現状)を聞き出すこともせず、無駄だなあ。
まあ、ゼハートはずっと眠り続けていたので、頭の中はまだ十代並みなのか。
 そういうキオを止めるため、セリックがシャナルアを思い出させるのも驚き。
いや…何を言っても裏切り者だからね、どんなことを言ってたのか怪しいもんだし、冷静にさせる切っ掛けとして有効かどうかは疑問に思うが。

 ダメ女艦長ナトーラ。
次第に自覚と才覚が芽生えてくるのは当然の成り行きだけど、フリットが的確な指示を出している最中なので、物語的必然性が弱い。
老齢のフリットが発作を起こし必要に迫られて…とかいうお膳立てを整えるものじゃないかなあ。
 彼女が、寝ないで艦内の把握に努めていたことを、何故か知っているフリットが可笑しいというか不気味。

 連邦、AGEシステム改良の計画があったのね。
ガンダム頼りの戦況続きなのにそれを却下するのはアホだけど
…この作品において、一貫して連邦は愚鈍で無能な人間の集まりとして描かれているため、違和感はなく。
 ただ、ヴェイガンも同じぐらい能なしだし、主人公達も余り変わらず、賢い人が少なすぎるのが問題。
 間抜けすぎるように思えたヴェイガンの作戦、実はイゼルカントの遠大な計画が背後にあった?
失敗続きのゼハートをクビにしない選択といい、地球を追い込みはするけど敗戦までさせるつもりはなくて、やる気のない連邦に覚醒を促し、やがて来る宇宙からの本当の脅威に備えさせるのが狙い、というんじゃアリガチなパターンか。

 都合良く爆弾を見つけ出すXラウンダー能力?に、ちょっと呆れ。
こんなに便利だと、次回以降、危機に陥った際「何故その力を使わないのか?」視聴者が不満に感じてしまいそう。
 せっかくスパイとして死んだシャナルアというキャラが居るんだから、彼女の遺言として爆弾の位置情報が提示されているなどして、イベントに絡ませれば良いのに。
それを素直に信じるキオと、「使い捨てのスパイにそんな重要情報を漏らす訳がない、逆側を探れ」とするフリット、実際はフリットが正しく、道具以上の存在 価値を認められていなかったシャナルアへの思いで、ヴェイガンへの怒りを新たにするキオ、といった流れに繋げられたような。

 次回は宇宙海賊が登場?
頂いた番外編の情報から、アセムとの再会が待っているのか。
 もしそうなら、ここまで彼を「登場させなかった」理由が納得できる再会であって欲しい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<『這いよれ!ニャル子さん』08.「ニャル子のドキドキハイスクール」 | HOME | 『夏色キセキ』08.「ゆううつフォートリップス」>>

この記事のコメント

「せっかくスパイとして死んだシャナルアというキャラが居るんだから、
彼女の遺言として爆弾の位置情報が提示されているなどして、イベントに絡ませれば良いのに。」
そういった話は小説版でならありうるかもしれませんね
TV版と小説版では内容がかなり違うそうですから
ttp://livedoor.blogimg.jp/otaku_blog/imgs/d/6/d61858e3.png
「ガンダムAGE」小説版アセム編変更点まとめ。なんだこの多さ・・・ オタク.comより変更点のまとめ画像
2012-06-01 Fri 13:51 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
他所での伝聞。
この脚本家さんの特徴として、大人は徹底的に無能。または壮大なバックヤードがあるように見せかけて最後までそれには触れない。
だ、そうです。
まんまAGEに当てはまりますねw
2012-06-03 Sun 00:33 | URL | u12 #-[ 編集]
> TV版と小説版では内容がかなり違うそうですから

 ちょっと読み切れないぐらいの変更点が。
 でも、面白そうですねえ小説版。
 キオ編も楽しみな。
未熟艦長の扱いが良くなりそう…いや、いっそ項数を取る「未熟」部分はバッサリ切り捨てた内容になるかも。
2012-06-14 Thu 23:21 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |