オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』34.「宇宙海賊ビシディアン」

 宇宙へと出たディーヴァ一行。
 何気なく年少の子供達が同乗しているのを見て、オイオイと思ったが、一応、親と同じコロニーに避難させる都合だという説明が成された。
…親は子供達をどう思っていたのか(死亡したと諦めていた?)とか、親に会えない子供の精神状態が健全すぎ(泣きわめかれても単にストーリーの障害だが)、地上の四割がヴェイガン勢力の手に落ちているとはいえ避難場所をわざわざ宇宙に?など、分からないところは多いけど、取りあえず納得。

 宇宙海賊、登場。
 キオと通じる不思議な海賊の親玉は一体ナニモノか?というバレバレな引きで多少はもたすものと予想したのに、CM前で謎の男本人がキオの父親・アセムであることをバラしてしまう。
早いなあ。
 アセムは当然のように父親と息子のことを知っているし、フリットはアセムに気が付いたが、キオだけは知らず。
フリットは、「まだ何もかも未熟なキオに、更なる精神的負担を掛けては戦いに支障が出かねない」「アセムの行動理念に不明点が多く、もしも敵対してくるならキオにより戦闘不能にまでは追い込ませる必要があるかも知れない。なら、正体は伏せておいた方が良い」といった冷静・冷徹な思惑により、情報を胸にしま う。
…そういう流れにならないなら、アセム自身が正体を明かさなかったり(通信筒使用からも、他海賊への警戒から自由に発言できない?)、キオだけ気付かなかったことに、あんまり意味が無いような。

 しかしアセム、再登場の際は、記憶喪失あるいは洗脳により何者かに利用されていると予想していたけど、健常なのね。
それで連邦の船に対し海賊行為をしていては道理が…と思えば、襲った相手は裏切り者ばかりなのか。
 家族に悲しい思いをさせ、息子の育児・鍛錬を放棄し、海賊業を営んでいた理由は、次の登場回にでも明かされるんだろう。
 いい歳して「スーパーパイロット」なんて呼称に拘っているのが、可笑しい。
フリットも少年時の傷に囚われたままだし、人はなかなか正しく大人になれない、というのが作品テーマ?
描かれる最後の世代として、キオはそうなって欲しくないところだけど。

 ここからディーヴァは、お宝を探すことになるのかな。
 例えば異星人との戦いを描く作品であれば、「実は彼らと地球人は元々同じ種族」というような「衝撃の事実」が力を持つのかも知れないが、そういう話でなく、何か上手く使えそうな伏線、あったっけ?
有効な戦法を選ばないイゼルカントの思惑と絡める手とか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』10.「死んだ街」 | HOME | 『超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』09.「暴走変形!ディンガスを守れ!」>>

この記事のコメント

「ガンダムAGE考察・推測の書き殴り 」と言うサイトで知ったんですが、
少年サンデーSに連載されている外伝漫画「追憶のシド」の最新話によると、
アセムは大破したAGE2と一緒にビシディアンに拾われたそうです
ちなみにAGE2はAGEシステムを連邦が回収、放棄した後、
海賊に回収されダークハウンドに改造されたそうです
この漫画はキオ編とアセム編の間の物語だそうなので、
アセムが海族になった理由は、これから漫画の中で語られていくんでしょう
「宝」についても同名の漫画の中で既に語られているそうです
調べてみたら今年の2月の時点で言及されてました
伏線は一応、張ってあったみたいですね
2012-06-04 Mon 11:28 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>伏線は一応、張ってあったみたいです
読み返すと漫画が伏線のように取られかねない書き方でした
伏線はアニメで既に張ってあったと言う事です
紛らわしい書き方をしてしまいすみません
2012-06-04 Mon 12:19 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
今回は開始早々、本気で大笑いをしてしまったw
いやいや、ギャグアニメでも中々ここまでポンっと不意を打たせて笑わせるのは、難しいだろう。
真面目に考察するのこちらはもしかしたらアホなんちゃうか、って思わず自問自答。
AGEをここまで見て来て、今回が一番、驚かされた。
もしかしてこの脚本家は天才なのか?
思わず、唸る。
やはり、天才の考える事は凡人の自分では理解が及ばないようだ。
願わくば、ほんの少しだけでも凡人でも合点が行く様な話しだったらなぁと、残念でならない。
2012-06-04 Mon 20:50 | URL | u12 #-[ 編集]
> アセムは大破したAGE2と一緒にビシディアンに拾われたそうです

 アニメで、海賊のボス然として再登場しましたが、どういう経緯でそうなったのかについては、まだ触れてませんね。
 「それは漫画を読んで」という訳にもいかないでしょうから、いずれ、ざっとでも説明が成されるんでしょう。

> 調べてみたら今年の2月の時点で言及されてました
> 伏線は一応、張ってあったみたいですね

 あ、そうでしたか、記憶力が弱っているせいか全然覚えてません。
 意外と(失礼な)きちんと構成してあるんですね。
2012-06-15 Fri 23:33 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> 今回は開始早々、本気で大笑いをしてしまったw

 海賊の頭領?になったアセムが妙に楽しそうで、仕事も家族も放り出して何しとんねんオッサン、と思うと、ちょっと可笑しかったです。
2012-06-15 Fri 23:37 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |