オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『忍たま乱太郎』『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』『華氏911』

 WOWOWで見た映画。

『忍たま乱太郎』
 三池崇史監督による実写版。
 有名な俳優などを多数使い、原作キャラにイメージを酷似させた外見に仕立て上げているのは楽しい。
 内容は…アニメも複雑なストーリーがあったり伏線で唸らせるようなタイプの作品ではないため、問題ないだろう。
 といっても、学園長が犬の○○○を踏むシーンが無駄に長く、しかも不必要なまでにリアルな造形だったため、「こんなんで笑うのは小学生までだろう」「ああ、その層に見せるための映画なのか」「じゃあいい歳して見る必要はない」と思い、途中で視聴を終えてしまったが。
こういうギャグ、アニメでは使ってないんじゃないかなあ。

『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』
 タイトルにも入ってるけど、『エルム街の悪夢』『スクリーム』でお馴染みウェス・クレイヴンによるホラー。
 この監督の悪ノリ感や、怖さと紙一重の笑いが好きなので、そこいらを楽しみに見てみたが…
 異様な事件が起こり「???」と思わせる冒頭のツカミは、上手い。
時をおいて連続惨殺事件が始まる所にもワクワクしたけれど、その後は淡々と人が死んでいく印象で、面白味が薄い。
 殺人鬼に恐ろしさや可愛げ・キャラクター性が無く、誰が犯人なのか?という所に興味を誘導する内容にも出来ていないし、クライマックスも実にアッサリ。
 近年でも、『パニック・フライト』の、ヒロインに無茶苦茶やられる犯人描写(喉にボールペン刺されるのが可哀想で)とか笑ったのになあ、監督らしいカラーを感じられず、残念。

『華氏911』
 マイケル・ムーアのブッシュ批判映画。
何となく見る機会がないままだったけど、今更ようやく視聴。
 監督らしい視点と演出でブッシュを徹底的に悪く描いていくのが楽しかった。
「それは違うんじゃないかなあ…」「受け取り方次第でしょ」と思うところは多々あるが、それも含めてこの監督作品の味か。
 対立候補だったゴア、現職のオバマについても、こういう視点を持ってすれば「無能なロクデナシ、大統領にするなんてトンデモない」よう描けそう。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『LUPIN the Third -峰不二子という女-』11.「愚か者の祭」 | HOME | 『機動戦士ガンダムAGE』35.「呪われし秘宝」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |