fc2ブログ

『LUPIN the Third -峰不二子という女-』11.「愚か者の祭」

 このアニメのオリジナルキャラクターである、オスカー警部補を掘り下げる話。
 銭形との出会いはこんなだったのか…しかし、少年期から女性っぽかった訳でもないオスカーが、命を助けられ、人生の道を示してくれた恩義がある、とはいえ、尊敬や友愛から飛んで「銭形への肉体的愛」に到るものかなあ。
うーん、でもまあ、短い時間で動機付けを行うにはこのぐらいが妥当なところで、自分でも似たようなことを考えた覚えがあるから良いとして。
 銭形が少年オスカーを引き取って警察学校へ進ませ、成長と共に自分の部下として取り立てたのかと思えば、あの時の少年だと気付かないぐらい長く会ってもいなかった?
 貧民街の人間っぽいオスカーが警官になって警部補まで登るにあたり、「フクロウ伯爵の助力・関与があった」とすれば良かったような。

 銭形は、一連の偽装不二子事件がオスカーによるものだと気付いていたのか?
何か分かっているっぽい部分もあったけど、何ら手を打つこともなく(過去語りで余計に追い詰めたかも)、いつものように「思惑ありげなところは見せるが実は無能気味」で終わってしまった。
 出世を諦めても汚職上司を告発した銭形が、拘束中の不二子と肉体関係を結ぶような不埒な行いをするかなあ?
二面性を持つキャラクター…というほどでもない、人間が持つ正邪両面を描こうとするもの、という明確な狙いがあるなら良いけど、「一般的銭形のイメージ」と「このシリーズでちょっとやってみたかったこと」のぶつかり合いが生じているとすれば、ちょっと困る。

 警官を殺すオスカー。
もう許されないところまで来てしまってはいたが、爆弾を抱いて死ぬ決断は少々意味不明。
 銭形に捕まりたい・殺されたい、しかしそれでは彼の心に傷を残すことにもなりかねず、誇りを抱いての爆死を選んだ……いや、上手くまとまらないな。
 オスカーは、不二子の対極、あるいは実のところ相似形の存在だが選択の違いが運命を大きく分けていく、といった形に出来ると美しかったかも。
 ラストでオスカーの見る幻、あれが「フクロウに掴み取られた」ものだとすると、伯爵に助けられたとして再登場も?
単に「彼が最後に見ようとした幻さえ無残に断ち切るフクロウ」を表したのなら、これで出番終わりか。
 終わりだとすると、あんまり有効に使えたキャラクターだったとは言い難い。
 カッチリ出来上がったお馴染みキャラクター編成の中に、オリジナルキャラを混ぜるなら、それが作品の中でどういう役割を果たすのか、もっと煮詰めて作って欲しかったな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

話も後半、それも残り話数が少なくなってやる話だったのだろうか?
殆ど、モブに近い、銭形の金魚のフン状態のオスカー君の話を。
2クール位あって、話数的に余裕があるのならば問題ないと思うが、短期決戦のアニメでここに来て脱線させる意味が本気で解らない。
オスカー君の死が残り2話に絡んでくる?
それこそ取って付けた様なお粗末さだ。
このアニメ全体を通して言えるのは、主人公である不二子の出番があまりにも少ない。
と、言うか主人公の与り知らない所で話が動き過ぎ。
もしかして今いる不二子は本物じゃなくて、ニセモノ?そんな気さえしてくる。
五右衛門が不二子の事をアバズレ呼ばわりしてたが、あれは頂けない。
この話、あと2話でまとまるのだろうか。
どう考えても納得の行く最終回にはなりそうも無く、不満が多大に残りそうな予感がさせられる。




オスカーは正直消化不良だったと私も思いますが(不二子への罵倒とか声優はそのままで
女装とかは面白かったですけど)、今作の為に作ったオリジナルキャラなので、スタッフ的には
フェードアウトではなくちゃんと自らの手で始末は付けておきたかったのかなぁ?とか思って
今回見ていました。

>このアニメ全体を通して言えるのは、主人公である不二子の出番があまりにも少ない。
段々不二子をめぐってルパン達が動く感じになっていった所もあるので、
不二子自身はあまり動いている感じがしませんよね、確かに。

Re: タイトルなし

> 五右衛門が不二子の事をアバズレ呼ばわりしてたが、あれは頂けない。

 次元も五ヱ門も、不二子に対する評価が低いんですよね。
強がりとか「酸っぱいブドウ」的に悪く言ってるんじゃなくて、本心から「魅力的な女ではない」と考えているっぽく。
 ルパンも「物好き」として不二子に興味を抱いているので、視聴者が彼女に魅力を感じるのは相当に難しいです。

Re: タイトルなし

> スタッフ的には
> フェードアウトではなくちゃんと自らの手で始末は付けておきたかったのかなぁ?とか思って
> 今回見ていました。

 なるほど…と思ったのですが、再登場させたオスカーを、最終回ではハッキリ始末を付けずに終わってしまいました。
 愛に殉じて?死なせてやった方が良かったような…最後まで消化不良なキャラに思え、不憫です。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク