オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』36.「奪われるガンダム」

 キオ・ガンダムの危機は続く。
 AGE1強いなあ、フリットの腕が良すぎるのか。
機体性能の差(そんなにはない?)などモノともせず、ヴェイガンの幹部クラス特殊MS二機を相手に善戦。
一対一なら軽くヒネっていたかも。
 連邦軍は、新型機の開発をするよりフリットのクローンを作った方が効率的。
5人も居ればヴェイガンを圧倒して余りある。

 キオなら、一度は逃げても戦場に戻ってくると予測するゼハート。
以前の接触から生真面目なパイロットだと分かっているからか…ええと、現AGEパイロットはフリットの孫だとも知ってるんだっけ?
 ゼハート機をAGE1に叩き付け、自機帰還の時間稼ぎに利用するザナルドの酷さが可笑しい。
 イゼルカントのため、AGE奪取には成功したのだから良いと、腹も立てないゼハートの冷静さ。
自分が中心になって作戦を遂行しては失敗続きだから、もう裏方で構わないと考えた?
 部下による援護射撃を忘れず誉める、司令官としての度量もなかなか。

 今回のヴェイガンの目的はAGE3そのものだと分かっていたのだから、キオは、ジジイを思う余りとはいえ戦場に戻るべきではなかった。
むしろディーヴァと共に脱出を計れば、ヴェイガンは、無用に手こずらされるAGE1など放置して追撃に入った可能性がある。
 …いや、こう理性的な考えを採ってくれたかは分からないけど。
彼ら抜けてるからなあ、本来の目的を見失い、ムキになってAGE1を破壊しようとすることも有り得るが。

 未熟艦長・ナトーラも、今回は難しい選択を迫られる。
AGE3を奪われることで生じる後々のマイナスを考え、自艦が危険に晒されようとキオ・ガンダムを救出するか。
艦長として艦全体を思い、全滅のリスクを避け脱出してとにかく体勢を立て直し、追撃の計画を練るか。
 どちらも間違っていない判断で、実に難しく、だから面白いシチュエイション。
 艦の体勢や攻撃方向をコントロールすることでヴェイガンMSを敵母艦との直線上に誘導し、一撃で両者の撃破を狙う…というのが名艦長、どころかスーパー艦長だろうけど、彼女にはまだまだ遙かに遠い境地。
 結局、選択をしないままディーヴァは助かる。
肩透かしだなあ、でもまあ人間、そう簡単には成長しないということか。
 「恐怖に思考が停止しただけ」に見えたが、「フリットの指示に疑問を持った」「ちゃんと艦長をやれている」と誉めて延ばす方向のアビス少佐は、未熟者の扱いが上手い。

 孫可愛さに、冷静な判断力を失うフリット。
 ディーヴァから援助を得られる訳でもなく(パーツは受け取ったみたいだが)、海賊の立場で連絡をする必要も無かろうに、父親にキオ奪還作戦の許可を求めるアセムが可笑しい。
 アスノ家の男共は、みんなまだ未完成だなあ。
 比べて、フリットを諫めるユノアは大人。
 子供達を使い(使った訳じゃないか)、フリットからさえ笑みを引き出すウェンディの、おおらかな「母親」加減も見事。

 キオはすぐ助け出される…と予想したけど、ああ、ヴェイガンの内部状況を目にすることになるのか。
 そういえば、先進の戦闘機体や優秀なパイロットばかり見せられ、連邦を憎むに到った悲惨な彼らの暮らしぶりは、セリフ以外でちゃんと示されたこと無かったな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<映画『トロン』『トロン:レガシー』 | HOME | 『LUPIN the Third -峰不二子という女-』11.「愚か者の祭」>>

この記事のコメント

>>孫可愛さに、冷静な判断力を失うフリット。

最初は自分もそう思ったが、よくよくフリットじいさんの台詞を思い出してみると全然違いますね。
AGE3及びキオの鹵獲によって生じる損失しかあのじいさん頭にありません。
ヴェイガン殲滅には絶対にAGE3(キオ)は必要。
なのにまんまと鹵獲され半狂乱に。
まぁ、思い出してみれば幼少の孫に人殺しの英才教育しかしない位だから、当たり前っちゃ当たり前。
あそこにユノアが居合わせなかったら、何をしでかすか解ったもんじゃなかった。
その後の3ちびっ子と正ヒロインの登場で場の空気が和む訳ですが、ウェンディのあまりの影が薄くて完璧にただの子守役。
初代の様にフラウに対してセイラがとか、他にヒロインがいるのなら兎も角、ヒロインらしいヒロインはウェンディしかいないのにホント、空気過ぎて可愛そう。
まさかユノアおばさんがヒロインなのか、それともドジっ子艦長がヒロインなのかッ!w
マッドーナ工房、ちゃんと存在してたんですねぇ。
美人だったママンもすっかり中年おばちゃんにw
時の流れは残酷だ。
マッドーナ本人は既に鬼籍に入ってしまったのか登場はせず。
ってか工房が存在してたんなら、フリットが総司令官をやってた時にでも取り込んでおけば戦局も変わってたんでは?
幾らメンツ為とは言え、総司令ならその位の権力はなかったのだろうか。
ああ、AGEシステムすら利用しない連邦は無能揃いだからあり得ないか。
来週はキオ君のヴェイガンお宅訪問ツアーでヴェイガンちゃんの真の姿を知るのかな。
2012-06-20 Wed 22:12 | URL | u12 #-[ 編集]
>AGE3及びキオの鹵獲によって生じる損失しかあのじいさん頭にありません。
フリットは今までの積み重ねがあるのでそういう見方をされてしまうのは仕方が無い所も
あるのですが、そこは普通に孫が心配で取り乱していると受け取ってあげても良いのでは?

>美人だったママンもすっかり中年おばちゃんにw
あの人フリットより年上なので当然中年では済まない年齢の筈ですから相当若く見えますね。
2012-06-22 Fri 02:16 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]
>孫可愛さに、冷静な判断力を失うフリット。
捕らえられていたユリンがXラウンダーだったせいで、ヴェイガンに利用され、死なせてしまった事が
フリットにとってのヴェイガン殲滅の最大の動機=トラウマですからね、冷静になるのは難しかったのでしょう
2012-06-23 Sat 11:20 | URL | 兎売り #-[ 編集]
> まぁ、思い出してみれば幼少の孫に人殺しの英才教育しかしない位だから、当たり前っちゃ当たり前。

 大企業の子息であれば幼少期から帝王学を仕込まれる…場合もあります。
 アスノ家は軍人家系なので、MSパイロットになるべく育てられるのは、ある程度仕方がないことかも。

> 初代の様にフラウに対してセイラがとか、他にヒロインがいるのなら兎も角、ヒロインらしいヒロインはウェンディしかいないのにホント、空気過ぎて可愛そう。

 ヴェイガン兄妹のルウを、キオと敵味方に引き裂かれる悲劇のヒロインに…と思ったのですが、残念ながら亡くなってしまいましたね。

> まさかユノアおばさんがヒロインなのか、それともドジっ子艦長がヒロインなのかッ!w

 ああ、それもアリですね(笑)。
「可愛い年上の女性」って、個人的に萌えポイント高いです。

> マッドーナ工房、ちゃんと存在してたんですねぇ。
> 美人だったママンもすっかり中年おばちゃんにw

 おばちゃんをヒロインに……さすがにキオが可哀想ですか。
2012-07-02 Mon 10:37 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> フリットは今までの積み重ねがあるのでそういう見方をされてしまうのは仕方が無い所も
> あるのですが、そこは普通に孫が心配で取り乱していると受け取ってあげても良いのでは?

 どちらとも取れるんですよね…フリットの中でも混乱してハッキリしないのかも知れません。
 しかし、ヴェイガン憎しから鬼のようだったフリットだが、年齢と共に他者を、家族を思う気持ちが再び芽生えてきた、という方が好みです。
2012-07-02 Mon 10:44 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> 捕らえられていたユリンがXラウンダーだったせいで、ヴェイガンに利用され、死なせてしまった事が
> フリットにとってのヴェイガン殲滅の最大の動機=トラウマですからね、冷静になるのは難しかったのでしょう

 これは、なるほど!
 制作者がそこまで踏まえて描いたシーンなのかは分かりませんが…トラウマ回想が一瞬だけでも入ると、よりドラマチックでしたよね。
2012-07-02 Mon 10:48 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |