fc2ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』37.「ヴェイガンの世界」

 拘束されたキオは、ヴェイガン本拠地へと連れて行かれる。
 火星圏までは相当距離がありそうな気もするけど、時間経過はどうなってんだろ?
EXA-DBの中には、超高速航法のデータもあったんだろうか。

 さすがに子供のキオを相手に拷問が成されるような展開はあるまいと思ったけど、予想を遙かに超える緩い迎え入れられ方。
イゼルカント、キオが息子に似ているとはいえ、ヒイキの引き倒しが酷すぎるような。
ザナルドの苛立ちも当然(クーデターありそう)。
 貧民街の見学に出されるキオ。
貧しい兄妹との出会いを通じ、ヴェイガンが直面している窮状と希望を知り、彼らを単に「敵」とばかり考えられなくなる…というのは、パターンながら無難な流れ。
 しかし余りにもイゼルカントの狙い通りで…例えば行くアテのないキオが公園でぼんやり噴水を眺めて一日過ごす危険性さえあったと思うが、その場合どうするつもりだったんだろ?
 全てイゼルカントの仕込み、兄妹からカッパライ少年まで劇団所属の役者、実はそんな奇病など存在すらしていない、という裏を読みたくなってしまうけど、恐らくココは見たとおりに受け取るべきなんだろうな。

 奇病の伏線はあったんだっけ?
ヴェイガンの苦境を訴えるセリフの中では登場していた…かも知れないが、これさえ無ければ彼らはあのコロニーで、高度な技術を用い、割合満たされて暮らすことも可能だったかと思う。
 地球への怒りを裏打ちする重要な部分だと思え、ヴェイガン兵士が我が子の発病を嘆くとか、自身病魔に冒された幹部をここまでに登場させておくなど、強く印象に残すべきだったろう。

 イゼルカントは、何歳?途中コールドスリープを挟んで、どれくらいの期間生きてきたのか。
その年月によっては、彼の死んだ扱いされている息子が地球圏へと流れ着き、アスノ家の先祖になった可能性も作れるか。
 フリットの父…いや、いっそフリット自身がイゼルカントの息子だと無理にでもしてしまえば、「ヴェイガンの次世代を担うはずだった『王子』が、ヴェイガンを憎む最強最悪の敵となった」という因縁話に出来るなあ。
 今更だけど、ゼハートをコールドスリープさせ、キオ編でも若いままにしたのはどういう理由?
彼が普通に歳を重ね、アセムと同い年になっていれば、今回キオが出会った兄妹を「ゼハートの子供達である」として、ちょっと分かり易すぎるとは思うけど 「地球側に潜入したゼハート、ヴェイガンの街に放たれたキオ、二人ともそこで立場を偽り、友達と出会う」という相似性とか、「地球とヴェイガンの垣根を越 えた友情は、子供達の世代で結実させることが出来るのか」といったドラマに出来るのに。

 イゼルカントが、アセム編で失敗を重ねるゼハートを司令官に据え、何だか間が抜けた戦略を採り続けていたのは、地球人に生きる意味を考えさせ、生き残る価値があるかを問うため。
死に直面し、死ぬほどの痛みを与えることで命を実感させる、『SAW』ジグソウのような、大きなお世話の考え方。
 しかし、地球側にだけでなくヴェイガンにも(こちらにこそ)大量の戦死者を出し、モタモタしてる間に奇病で国民がバタバタ死んでいくという状況下、こんなテツガクを貫いてる場合なのかなあ。
 奇病は伝染性?火星からの影響により発病する?
後者であれば、ヴェイガン・テクノロジーを用いて本拠地ごと、あるいは移民船を仕立ててとにかく火星から離れれば良いような。
地球にコッソリと少しずつ移住しても良いし、地球上の四割を勢力下におく現状なら大規模移民さえ可能なはず。
 国民の安全を確保した後、テツガクでも何でもやれば良いのに。
 貧民街の悲惨な暮らしと、イゼルカントの王宮・豪華な生活を描いていることから…独裁者の例に漏れず彼も下々の苦悩など意に介さないのか。
息子の霊を慰めるため、ヴェイガン全体の殉死をこそ目論んでいるとか。

 EXA-DBに入っていたのは機械的兵器のデータばかりではない、「生物兵器」の製造法も記載されていた。
 奇病を作り出したのはイゼルカント。
国民の意志を絶望の元に統一し、コントロールしやすくするため。
 このぐらいダークな真相なら面白いんだけど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

というより、ガンダムAGEの戦いの構図として
世代交代出来るフリット側と世代交代しづらいヴェイガン側の話になっているんですよね。
これは受け継ぐドラマを描くためであって、
例としてアセムとウルフさんの「スーパーパイロット」とか、逆にデシルは誰も彼の意思を継いでいないという。
またキオ編でオブライトさんが掃除をしているシーンとか。

火星まで今の科学で行くまでに2年程、掛かります。
まぁ、ヴェイガンはスーパーテクノロジーの一端を手に入れてますから、かなり短い時間で、キオを本拠地まで送り届けたのでしょう。
対して、そのキオを救出に行くと言った父親アセムの乗る海賊船は連邦側の技術で出来てるでしょうから2年とは言わずも、数ヶ月は掛かるハズ。
まぁ、そんな事はどうでもいい事にされるんでしょうけどw
イゼルカントと言う人間がどうにも解らない。
いくら子供とは言え、敵でしかも今まで自分の作戦を尽く邪魔したガンダムのパイロットに亡き子息の部屋を提供するとは。
いくら面影があるとは言え、確か初対面なのにあそこまで入れ込めるもんだろうか。
本気で自分の子供にしたいのか?
そもそもキオ一人にヴェイガンの現状を知らせて何になる。
最初の頃に書いたが、地球に帰りたいのなら現在地球に住んでいる人間に直接働きかける事くらい容易いのでは?
地球には帰りたいが、自分らを騙した(?)連邦は許せない。
と言っても、そもそも既にその頃のお偉いさん方々はとっくに死んでいるし、今の連邦相手なら余裕で勝てるのになぜに手を拱いている。
どうにも行き当たりばったりな感がひしひしとして、辻褄が合う事は絶対にないのではと思えてならない。


飛龍先生
>奇病の伏線はあったんだっけ?

苦境どころか確か実質これが原因で火星移民計画は失敗って事になっていた筈です。
なのでこれがなければ~と言われてしまうとAGEの話自体が成り立たなくなると思われます。

まぁ説明だけで描写が足りないとかはAGEではごく普通の事なので…


u12さま
>いくら面影があるとは言え、確か初対面なのにあそこまで入れ込めるもんだろうか。

魔少年時代からデシルが野放しだったり、その後も弟のゼハート押しだったりと、どうも
イゼルカントはXラウンダーびいきの所があるようなのでそれもあるんじゃないかという気も

>最初の頃に書いたが、地球に帰りたいのなら現在地球に住んでいる人間に直接働きかける事くらい容易いのでは?

火星移民計画の失敗を隠蔽していた地球連邦としては聞く耳持たなかったんでしょうね
でも逆にUEの正体が明るみに出た後になると今度は地球側の交渉の申し出をヴェイガン側が
突っぱねていたとアセム編冒頭辺りに説明があったりしますが…

Re: タイトルなし

> というより、ガンダムAGEの戦いの構図として
> 世代交代出来るフリット側と世代交代しづらいヴェイガン側の話になっているんですよね。

 あー!なるほど、そういえばそういう図式で捉えられますね。
 コールドスリープまで用いて、独自の思想を貫き続けるイゼルカントが延々指導者の立場に居座るのが、戦争長期化の一因でしょうし。
 あとは、厄介なフリットが改心するか、現世から退場してくれれば……

> 例としてアセムとウルフさんの「スーパーパイロット」とか、逆にデシルは誰も彼の意思を継いでいないという。

 デシルは無理でしょうねー、嫌われ者でしたから。
 ゼハートは、自分を助けてくれて散ったマジシャンズ8・ドールの気持ちを受け継いでいるのかどうか、それ以前に覚えてるのかな?

Re: タイトルなし

> 対して、そのキオを救出に行くと言った父親アセムの乗る海賊船は連邦側の技術で出来てるでしょうから2年とは言わずも、数ヶ月は掛かるハズ。

 海賊は何となくヴェイガン技術を使いこなしてるようですから、さして時間を費やさず火星圏に到着できた…んでしょうね。

> いくら面影があるとは言え、確か初対面なのにあそこまで入れ込めるもんだろうか。

 ザナルドが不満を感じるのも当然です。

> 最初の頃に書いたが、地球に帰りたいのなら現在地球に住んでいる人間に直接働きかける事くらい容易いのでは?

 ヴェイガンの合理的でない行動は本当に不思議ですが、「全てはイゼルカント様の御心のまま(独裁者の愚挙)」と理解するしか、現状ではどうしようもありません。
 もうちょっと納得できる理由付けが示されると、嬉しいんですけど。

Re: タイトルなし

> 苦境どころか確か実質これが原因で火星移民計画は失敗って事になっていた筈です。
> なのでこれがなければ~と言われてしまうとAGEの話自体が成り立たなくなると思われます。

 なるほど、そうでしたっけ。
病に苦しむ火星移民者の様子が、もう全然印象になかったもので。
 セリフだけ、あるいは一枚絵ぐらいは示されましたっけね。

> 火星移民計画の失敗を隠蔽していた地球連邦としては聞く耳持たなかったんでしょうね

 民衆に語りかけ、政府の非道を内側から糾弾させる手があったと思うんですよね。
報道の自由なんてものは絶滅した世界なのかも、ですが。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク