オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『LUPIN the Third -峰不二子という女-』最終13話.「峰不二子という女 (後篇)」

 この作品で語られたのは、確かに「峰不二子という女の物語」ではあったけれど、本当のこと…ではなく、「誰かによって作られた、誰かが見たいと望んだ、嘘の物語」だという真相が明かされた。
 望んだ相手は、アイシャであり、アニメの制作者であり、視聴者でもあるってことになるのかな?
 自分として、これが望んだような終わり方だったかは微妙。
確かに、まだ手つかずだった不二子の幼少期について、あんまり勝手に設定を作って欲しくはない、という気持ちはある(ルパン各作品ごとの設定齟齬は今更だけど)。
しかし、ここまで見てきた話を全部「嘘」「そう思わされていただけで実は他の女性の幼少期」とする謎解きをされて、嬉しいかどうかと言うと……

 不二子が抱えているのは植え付けられた他人の記憶である、とする伏線はあったんだっけ?
嘘はよく語られていたし、幻覚を見せられるシーンにしても何度となく登場しているのだから、予測してしかるべきか。
 フクロウ執事がアイシャ母だという真相にも驚いたけど、無理がありすぎるというか、イイ歳だろうにルパンに匹敵する身体能力を発揮して、どんな母ちゃんだよ!としか。
まあ、この正体については誰も余り興味を持っていなかったろうし、顔を出さないままどこかへ去っていっても特に不満のないキャラだったから。

 ルパンは原作でも、「驚かせたいためだけの意外なオチ」が結構あって、伏線とか必然性とか置き去りにされていること、珍しくない。
 なので、取りあえず色々納得しておくなら、背負わせた、耐えきれないぐらい辛い自分の過去があっても、自由奔放に動き回り人生を楽しんでいる不二子に、 有り得たかも知れない自らの姿を重ねているアイシャが悲しく、残酷で切なくて、それはそれでアリの真相解明には思えたけれど。
 水辺で楽しげにする不二子を見ながら、穢れない少女の表情に戻って眠るように息絶えるアイシャも胸に迫る。
 ただ、うーん、これぐらいの終わり方なら、二時間スペシャルか三十分枠前後編、あるいは三十分一本でも良かったような。
それなら「時間の都合」で変なところが生じたり急転直下で終わらせるのも、十分納得できたろう。

 再登場させたオスカーの扱いが不憫。
銭形と深く絡むでなく、印象的に死ぬことさえなくて、どうなったかも分からずフェイドアウト(銭形が手にしていた物から恐らく死んだんだろうが)。
 爆弾を抱きしめての爆死で終わらせた方が良かったなあ。
 このシリーズと同スタッフでのテレビスペシャル等が企画されており、そこでまた登場の予定、というならまだしもだけど。
 いっそ「実は女でした」として、罪を償った後ウヤムヤのウチに銭形のヨメとなり、時折名前を出される銭形の娘・とし子の母親になった、でも個人的には構わないのだが。

 全体に。
 剣呑で格好いいルパン、削いだような鋭さを見せつつルパンにはやられてしまう次元、いくつかのエピソードの面白さなど、見所は少なくないシリーズだった。
 逆に、ラストで多少盛り返したものの、輝きに欠けることの多い不二子は残念。
ドコまでも追ってくる無差別銃撃ターミネーターモードの不二子は、魅力的かはともかく、割と好き。
 態度は偉そうだがまるで実力を発揮せず、「不二子とやった」ことばかりが印象に残る銭形も、不満。
いっそ銭形を出さないシリーズにする手もあったと思うなあ、ルパン達と別の角度からフクロウ伯爵の犯罪行為を捜査しており、最後にルパンと顔を合わせるだけにするとか。
 五ヱ門は…悪くないけど扱いが軽い。
何でも真っ二つにする堅物サムライ、という既存イメージ以上の収穫は少なく、制作者が彼に余り興味を持っていないのではないかと思うほど。
 テーマに関わるエピソードには余り心を引かれず、好きだったのは一話「大泥棒 VS 女怪盗」や五話「血濡れた三角」なので、次回シリーズがあるなら、何でもアリな各話バラエティー構成にしてくれると嬉しい。
それで面白い話を書ける脚本家は少ない、というのが問題だろうが。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<『坂道のアポロン』最終12話.「オール・ブルース」 | HOME | 『這いよれ!ニャル子さん』最終12話.「夢見るままに待ちいたり」>>

この記事のコメント

最後はホント強引にまとめたなぁ。
まんま夢オチとしか言いようが、無い。
ラスボスの女の子も元々は被害者だったけど、フクロウ伯爵亡き後は自分が加害者って…3流推理小説ですか。
唐突に最後出て来た母親も、。
娘が不憫で罪滅ぼしのつもりか何か知らんが、じゃあそれによって検体にされた娘達は可愛そうじゃねぇのかよ、お前も人の親なら解りそうだろって思わずツッコミ。
そして最大の意味不明なオスカークン。
何で生きてた。
ってか何の為に生かして置く必要があった。
前話まるまる使って有終の美を飾っておけばまだしも、ノコノコと出してそれなのに何の役目もなく退場。
なんなんだこの脚本は。
そういや肝心な麻薬はどうした。
何の説明も描写もなかったが、あの研究所と一緒に全部燃えたのか?
折角、銭形がいるんだから説明台詞でも良いからどうなったか語らせるべきだろ。
銭形の扱いも最後、ひでぇな。酷い。
登場の時はダークヒーローっぽい感じだったけど、最後はなぁんもこれと言って活躍も見せ場も無し。
最大のサプライズは不二子とヤった事かw
五右衛門もあれじゃいらんだろ。
取りあえずルパンファミリーだから出しました、みたいな。
正直言って、次元も五右衛門も出す必要無かったんじゃねぇのか。登場人物をもっと絞って密にやった方が良かった。
勿論、オスカーとか言うオカマも必要ナシ。
ああ、こうやって書くのに思い出してたら段々ムカついて来た。
脚本家のスケジュールがかなりタイトだったらしいが、そんなの言い訳にはならん。
実験的な事がしたいんなら、オリジナルのアニメでやってくれと言いたい。

2012-06-30 Sat 22:27 | URL | u12 #-[ 編集]
私も銭形&オスカーコンビやシリーズ全体の謎解きとかは正直残念さの方が
強かったですけど(特にオスカーは最終的に酷い扱い過ぎますよね)
基本的な雰囲気や単発エピソードなんかは結構楽しめたシリーズでした。
初の深夜アニメらしくOPからおっ○い祭りなセクシャルな部分も含めてw
(まぁこれは他所の深夜アニメでは通常のTV放映版では出来ない芸当ですが)

>次回シリーズがあるなら、何でもアリな各話バラエティー構成にしてくれると嬉しい。

私も同感です。TVSPじゃそういうのは出来ないでしょうからね。


u12さま
>実験的な事がしたいんなら、オリジナルのアニメでやってくれと言いたい。

ルパンにあまり思い入れがない筈の方でも何となくルパン像ってのは持っているくらいの
ビッグタイトルなのだなぁと改めて思わされます。

でも今回の具体的な内容の是非はともかく、ルパン三世って「実験的」である事自体には
寛容なシリーズだと思うのですよ。
今ではすっかりTVSPのお約束路線がメインになってしまいましたが。
まぁu12さまがそれを容認出来るかどうかは個人の自由だとは思いますけど。
2012-07-04 Wed 16:30 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]
> 娘が不憫で罪滅ぼしのつもりか何か知らんが、じゃあそれによって検体にされた娘達は可愛そうじゃねぇのかよ、お前も人の親なら解りそうだろって思わずツッコミ。

 フクロウ伯爵も、迫害された娘も狂っていましたが、二人に付き合い・尽くしてきた母親も既にマトモではないのでしょう。
 狂っているが故か本人に反省が無く、ルパン達はそれに正論で突っ込むような立場ではないため放置され、そのため視聴者としては何だかモヤモヤしたモノが残ってしまいますけど。

> そして最大の意味不明なオスカークン。

 どうしてオスカーというオリジナルキャラクターを登場させたのか、シリーズを見終わってみると一番の疑問ですね。
 制作者の意図を伺いたいところ…いや、まあ今更聞いても、ですか。

> 登場の時はダークヒーローっぽい感じだったけど、最後はなぁんもこれと言って活躍も見せ場も無し。

 銭形を有能に描くのは、とても難しいんですよね。
通常の脚本完成から、もう一段階二段階ヒネらなければならず、手間もアイディアも掛かります。
 それにしても活躍は少なかったですが。
シリーズ全体を見直し、「ルパン達を追う警察関係者はオスカーのみ」にしておき、ラストで銭形を格好良く登場させ彼を断罪する手もあったような。
2012-07-06 Fri 18:42 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> 基本的な雰囲気や単発エピソードなんかは結構楽しめたシリーズでした。

 そうなんですよ、ぼくも文句は言いつつ最後まで、毎回の放送を楽しみに見てたんです。
 「全然ダメ」ではないので、つい「ココはもうちょっと何とかならなかったのか」という欲を言ってしまいます。

> 私も同感です。TVSPじゃそういうのは出来ないでしょうからね。

 SP二時間弱を三分割か四分割し、三十分近くの単発エピソードを連ねる形で放送する手もあると思うんですけど…実際はなかなか難しいみたいですね。

> 今ではすっかりTVSPのお約束路線がメインになってしまいましたが。

 『カリオストロの城』が基本形態だと思えます。
あれはぼくも大好きな作品ですけど、あれより遙かに不出来な縮小再生産を延々と見せられても困りますね。
 「ルパンという題材でこんなことやっても良いんだ」という例を示せただけでも、このアニメの存在意義は大きいでしょう。
2012-07-11 Wed 21:13 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |