オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』40.「キオの決意 ガンダムと共に」

 時間が飛んだところから始まっているので、先週分を見逃したかと思ってしまった。
 今回から第四部「三世代編」に入ったのか。
キオ編で最後まで行くものかと…ここからは「キオが主人公の話」とは限らず「アスノ家三世代それぞれが人生・戦いの決着を付ける話」になっていくのかな。

 セカンドムーンでの体験から、戦いに疑問を持つキオ。
それを洗脳でもされたかのように扱うフリット。
友好…和平か、殲滅か、二人の望む方向は交わらない。
 そこにアセムの「両陣営の戦力を均衡させ、大規模な衝突を回避する」中庸の?考えが加わる。
 三者三様、三世代家族の関係なのに、考え方がまるで違ってしまうのは面白い。
 ただ…全員問題があるような。

 フリットの「ヴェイガン皆殺しだぁ!」は、困った考え方ではあるモノの、人生に照らし合わせると無理がない。
 アセムは…まあゼハートとの関係からも戦いを望む訳でないのは理解できるにせよ、海賊は『ガンダム00』ソレスタルビーイングのように兵器類を壊滅させてしまうほど決定的な戦力を持たないため、限定的介入に留まってしまう。
そうなると、「戦いの規模を小さくしている」とも言えるけど、「両陣営に大勝利も大敗北も無いのでズルズル戦いを続かせている」とも考えられ、それは正しい行いかどうか…
 ヴェイガンに関しては、イゼルカントさえ居なくなれば、地球への移住(帰還)を受け入れる・連邦を挙げて病気治療に当たるなど条件次第で停戦交渉の可能性があり、それまで時間を稼げれば良いと思っている?
 セカンドムーン潜入時にイゼルカントを殺害、同時に、連邦に対する海賊による攻撃の実体も明らかにし、自分達を両陣営共通の「敵」として憎しみを引き受けることで、一時的にせよ手を組ませるとか。
 アセム、せめてゼハートとは連絡を取り合い、共に歩める可能性は模索してるかなあ。
ゼハートがちょっとイゼルカント信者っぽいので、それだと協調は無理だけど。

 キオの不殺、これが一番問題。
 まず…それを可能とするぐらい彼のパイロット能力は高かったっけ?
ザナルドに捕まり、イゼルカントに二度も無茶苦茶やられた印象ばかり強く、天才パイロットだって気は余りしないんだけど。
 ガンダム新兵装の高機能に頼っている、というなら分かる。
AGEシステムの進化は、「戦い」そのものだけでなく、「パイロットの戦い方」からより多くデータ収集を行っており、「パイロットの望む戦い方が出来る機体」へと進化する、ってことだと面白いなあ。
 不殺はキオ・ガンダムへの負担が大きく、効率的でないため、敵は死ななくとも自軍・民間人に本来必要でない被害を出す危険性がある。
また、作戦行動には参加していることで、戦い自体を止める役には立っていない。
 その選択に、「『自分は』殺さない、殺したくない」以外の意味はないんだけど、その辺はどう考えて…まあ無謀な自覚はあるようだが。

 キオの採る道は……連邦で出世してフリットのように権力を持ち、ヴェイガンと和平交渉をする。
もしくはイゼルカントの元に戻り、気に入られて彼の後継者となり、ヴェイガン指導権を継いだ時点で停戦する。
長い目で見れば、手を汚しつつも、これらの方が有効。
 アセムの元へと走り、本当にソレスタルビーイングのように両陣営の戦力を大きく削いで、戦争の続行を不可能にする極端な手も。
 狂ったイゼルカントの目的をヴェイガン市民に広く知らせ、連邦民には火星移住計画の非道とヴェイガンの困苦を訴え、あとはフリットを隔離して大人しくさせれば終戦の道が見えてきそうなもの。
いや、イゼルカントと、彼の採った手段が生み出した鬼子・フリットを一つ場所に閉じこめ、互いの思想やら憎悪を吐き出させながらジジイ同士、気が済むまで殴り合いさせるとか。
それをテレビ中継すれば、両陣営とも戦いにウンザリするだろう。

 イゼルカントが向かったカプセルに入っているのは、何?誰?
 コールドスリープ中の息子か…と思ったけど、キオへの生まれ変わりを望んでいることから死亡はしてるんだろう。
 記憶も持たせたイゼルカントクローン、あるいは体だけ培養して「魂」は自分のを移し替える予定、とかすると、世代交代が出来ないヴェイガン、という図式がよりハッキリするなあ。
脳死状態の息子の体に、イゼルカント脳を移植すれば、気持ち悪さが最大。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『機動戦士ガンダムAGE』41.「華麗なフラム」 | HOME | 『しろくまカフェ』15.「真夏の雑草取り」「ペンギンさんのロマンス」>>

この記事のコメント

うーん、なんだろ。
月面編始まって急に萎えて来た。
正直に言うと興味を引く所がない。
フリット、アセム、キオの3者の考えの違いどうこうはAGEが三世代モノって解った時点で大体想像がついたし、キオ編始まった時に何れフリットとは違う道を行くだろうは、誰にでも予想出来る範囲だと思える。
ある意味想定の範囲内での出来事で、見ても見なくても良いんじゃネ?
ってな気分で最終回だけ見れば済みそうな気がしてきた。
2012-07-25 Wed 22:02 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |