fc2ブログ

『トータル・イクリプス』04.「朧月の群れ」

 二話目までのハードな展開は、凄かった。
 恐ろしい数と強さの敵に追われ、少しずつ人数を減らしていくヒロイン所属部隊の緊張感。
 敗走する機体を狙い撃たれ、いかなる対抗策も効果がない恐怖。
 生きたまま喰われる仲間と、それをただ見続けるしかないヒロインの絶望。
 飛び去る戦術機が掠めただけで民家の屋根が大きく破損し、衝撃で停めてある乗用車が震える、巨大なロボットを描こうとする細かな配慮もあり、見応えのあるシーンが連続した。

 BETAに対して有効な戦法はごく限られており、人類側の消耗は激しく、希望の持てない戦局。
 どうにか生き延びたヒロインは、これからどうなっていくのか…という期待を持って三話以降を見ているが…

 スーパーロボット物っぽい展開だなあ。
絶滅へと追いやられようとする世界が背景となっていることを、各国パイロットの対応から伺うのは難しい。
まあ、『ストライクウィッチーズ』だって相当シビアな背景を持ちつつ、少女達がパンツ(違うんだっけ)見せて飛び回る様を受け入れ、楽しんで見ていた訳で、ずっと正当にシリアスなこの作品にゴタゴタ言うのは何だけど。
 漫画版『ゲッターロボ號』のアラスカ戦線を思わせるところもあり、本来なら好みなぐらいの舞台設定。
 しかし…抵抗を感じるのは、二話までの重い絶望感に比べると、何もかも軽く感じてしまうから。
ここから物語が始まっていれば、普通に見ていられたと思う。

 悲劇のヒロインだった唯依が脇のキャラ扱いになり、ユウヤをメインで描いているのも、ちょっと距離を感じる理由。
 いかにもツンデレな態度を取っているので、いずれ彼女とユウヤの垣根が取れて接近し、負った心の傷が癒される展開になるのだろう。
 最初が強烈すぎた分、今の流れに馴染むまでもう少し時間を必要としそう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

本来、トータルイクリプスは試作機開発のお話で1話、2話はあくまで世界観を示す為のオリジナル。
なハズなのにどうにもこうにも1,2話のインパクトが強過ぎて3話以降のお話に違和感。
まぁ実戦経験のないテストパイロット達だからうわっついてるのも仕方ない。
うーん、だとしても世界の半分がBETAと言う怪物に侵略されてるのにのん気過ぎやしないか?
一般人なら兎も角、テストパイロットは軍人な訳なんだからもう少し…いや、あの惨状を見た事ないからしょうがないのか。
日本をえらく差別的な扱いをしたがるなぁ。
3年後のこの時点だと日本って既にBETAによって陥落してるのかな。
もしもまだ日本がBETAによる蹂躙を何とか防いでいるとしたなら、あんな言われ様は筋違いだが。
高校生だった唯依がたった3年であんなおばちゃんにw
BETA、許すまじ。







Re: タイトルなし

> 本来、トータルイクリプスは試作機開発のお話で1話、2話はあくまで世界観を示す為のオリジナル。
> なハズなのにどうにもこうにも1,2話のインパクトが強過ぎて3話以降のお話に違和感。

 あー、そうなんですか、あれがオリジナル話。
 ぼくも同じく、1、2話のインパクトからなかなか鑑賞姿勢を立て直せず、まだ馴染めない状態です。

> うーん、だとしても世界の半分がBETAと言う怪物に侵略されてるのにのん気過ぎやしないか?

 基地内での暴力・暴行沙汰とか、有り得る話だとは思い、普通ならハードなぐらいのイベントなのでしょうが…やっぱり人類存続の危機が迫っているのでしょう世界観からすると、呑気なことやってるなあ、としか。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク