オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『タツノコプロ 名作アニメ総選挙』

 月曜からMXで放送されている『タツノコプロ 名作アニメ総選挙』
一日二本ずつ、合計十本のタツノコアニメ第一話だけを放送し、視聴者投票一位になった作品を全話放送する、という企画。
 懐かしいアニメが並んでおり、お祭りのようで楽しい。

 この中なら、全話見たいのは『ムテキング』『ウラシマン』『イッパツマン』『ゴールドライタン』かなあ。
 『ムテキング』は、前半のパワフルさ、タコミの困難な恋など非常に面白かったけれど、日本に引っ越してくる後半以降、ちょっと失速気味だったような。
 『ウラシマン』は、大きな謎をめぐる大河ドラマと、犯罪に立ち向かう各話バラエティー要素が充実しており、好き。
謎の解明について、当初の予定とは違う形への変更を迫られたそうだが…やっぱり相当に無理が感じられて残念。
 『イッパツマン』マンネリとパターン破りをテーマとするタイムボカンシリーズの中でも、一番の異色作。
ギャグもありつつシリアスな危機に見舞われる展開が多々あり、三悪が醸し出すサラリーマンの悲哀と、主人公やメカの容赦ない格好良さが印象深い。

 個人的には、全話をマトモに見たことがない『ゴールドライタン』放送を希望。
なかむらたかし作画回だけでも録画したい。

 タツノコなら、シリーズ後半の不合理なメカ変形が強烈な『ゴーダム』、訴訟の関係か再放送がなかなか行われず、サイコーユ鬼に時代を感じる『ドテラマン』、調べて知っ たコレもそうだっけ、暴走ギャグに大笑いした覚えのある『キャッ党忍伝てやんでえ』なんかもラインナップに加えて欲しいところ。
 それは、総選挙第二弾で、ということになるのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『織田信奈の野望』07.「信奈上洛」 | HOME | 『人類は衰退しました』08.「妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |