fc2ブログ

『人類は衰退しました』09.「妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ」10.「妖精さんたちの、ちきゅう」

 アニメ化にあたり原作の順番をシャッフルしてある、という話は聞いていたけど、この十話が最初のエピソードと理解して良いのかな?
ヒロインが赴任してくる様子、妖精とのファーストコンタクトを描いてあるので。

 他の話もそうだけど、この九、十話は特に、妖精達の驚異的技術力とおバカさん加減、突き進む情熱と決意と飽きっぽさ、対する人間の責任感と無責任、優しさと見渡す視点の高さとやっぱりおバカさん加減を余すところなく描いてある。
 妖精達、お菓子が大好きなのに自分達で作れないのは、何か意味がある?
通常の食料から都市国家まで、あっという間に作り上げてしまう技術力を持ちながら…
 必要不可欠な(…と自分達が考える)モノは作成可能でも、趣味嗜好品に関しては作る理由が分からない、ということ?

 「個」が存在しないのか名前を持たず、また必要とも感じていなかった様子で、しかしそれは「要らない」とイコールではなく考えてもみなかっただけであり、もらえるとなれば長い行列を作ってでも名付けて欲しがる。
個人で名前を所有する欲求を動機付けてくれる者が、これまでは居なかった、ということなのか(名付けられてもすぐ忘れるようだけど)。
 無駄なモノを作って・消費して喜ぶのは、人間特有の個性なのかも知れないなあ。
いや、妖精達も漫画読んだりしてた…とはいえあれも、人間達が楽しんでいる対象を模倣し、舞台は整えても娯楽本質の創造は人任せにしていたが。

 高度な文明を作り上げながら一夜にして瓦解させる妖精達。
 何を目標とし、どのような方法でそれを実現させていくのか、明確なビジョンを持たないのが妖精と人間の差。
…と言おうと思ったけど、人類社会だって猛スピードで進む文明進化の先に何を見据えているのか、ハッキリ分かっているとは思えないなあ。
 大した事を出来る訳でないヒロインに対し、女王様やら神様扱いする妖精に笑ってしまったけど、考えてみれば人間が仮定する神だって、(宇宙を創造したとか死後の世界を支配するとか確認不可能なこと以外)そんなに大した事してくれる訳じゃない。
 妖精に地球を任せてしまって大丈夫?と思うが、より知的な生命体からすれば、人間に地球を任せるのも酷く不安なことだろう。
 信じて委ねるしかないのかな。
悪意がないところだけでも、妖精は人間より上等。
…でも、妖精間にイジメとかあったな(笑)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

>>いや、妖精達も漫画読んだりしてた…とはいえあれも、人間達が楽しんでいる対象を模倣し、舞台は整えても娯楽本質の創造は人任せにしていたが。

確か、9話の方で妖精が植物の葉っぱでラリって漏らしてましたよね。
受動的だとするとあの様な快楽を求める行動はしないはず。
妖精達を見てると何か蟻や蜂の昆虫社会を思い起こされる気がします。
女王を中心に彼女の求める事のみを無償奉仕する(無人島ではわたしちゃんがお菓子で妖精を釣ってましたが、それも最終的には妖精自身が作ってました)。
一見、自発的に自由に行動してるかの様で社会の枠組みの中でのみ行動している。
優秀だけど指示がないと一切動かない、動けない。
うーん、妖精さん達が新しい人類だとすると地球は植物の楽園になりそうですねw
それとは別に、自分としてはやはり人類が衰退した理由が気になるかなぁ。
10話でわたしちゃんが自分らの世代で学生はおしまいみたいな事を言ってましたが、どうみてもわたしちゃんよか小さい子供は沢山いる。
なのにどうして教育機関が閉鎖されるのだろうか?
確かにエネルギー問題は抱えてるみたいですが、それだけなら問題ではあるけども人類滅亡とまでは行かないと思えるし、他に逼迫した問題があるにしてはどうにもあの世界の人に悲壮感が感じられない(既に達観してるのなら兎も角)。
自分たちの事を旧い人類とわたしちゃんが言ってる事や、これまでの話の流れでいづれ、人類は消え行くみたいですが、アニメの方では語られる事はないのかな。


Re: タイトルなし

> 確か、9話の方で妖精が植物の葉っぱでラリって漏らしてましたよね。
> 受動的だとするとあの様な快楽を求める行動はしないはず。

 能動的だとすると、禁止されても続けたり、他の妖精達に流行、という事態が有り得そうに思います。
「何だか分からないけど凄いことになるモノがあるぞ」と思っている以上ではないような。
 この辺は、裏側にしっかりした設定があるのかどうか…カッチリとは筋が通っていない(通していない)可能性。
 人類も、現在とそう変わった様子が見えないのに衰退している、その原因を明らかにしていませんし。

> 10話でわたしちゃんが自分らの世代で学生はおしまいみたいな事を言ってましたが、どうみてもわたしちゃんよか小さい子供は沢山いる。
> なのにどうして教育機関が閉鎖されるのだろうか?

 雰囲気だけで言うと、「人類は種としての黄昏に入った」って感じなのでしょう。
 大昔の人に、現代日本が少子化している理由を納得できるよう説明するのはとても難しそう…何となくそんな。
 妖精が存在する理由も説明されないでしょうし、「お伽噺」として、「むかしむかし、あるところに…」と同じく、「未来、人類は衰退していました…」は大前提として納得して下さい、なのかも。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク