オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダムAGE』最終49話.「長き旅の終わり」

 う、う~ん…前回と同じか更に詰め込みが酷い。
 最終回は描くべき事がどうしても多くなり、急な展開があったり消化不良に終わったりしがちではあるけど、これはその中でもずっと不出来な方。

 長く…もないのかな?伏線として引いてきたゼラ・ギンス、満を持して、というより「片付けないと仕方ないからとにかく出しちゃえ」ぐらいの勢いで出撃。
新型MSの機能もよく分からないまま、何故かシドと合体し、意味不明な破壊行動を取り始める。
 「連邦勢力の殲滅」が最優先で脳に刻まれているため、ヴェイガンの被害を考慮に入れず、地球への「セカンドムーン落とし」を強行するとか、戦争への忌避 感を強くしようとするイゼルカントの意志が彼の中で暴走し連邦・ヴェイガン見境無く虐殺を始める、ぐらいの描き方が妥当じゃなかろうか。
 廃棄コロニーをいくつも取り込んだ超巨大なシドが現れ、両勢力を壊滅させようとするのに対し、ゼラを含む人間達は手を組んで対抗しようとする、というのでも、まあアリガチなパターンではあるけど分かり易い。
 本編の描き方には、ただポカーン。

 この非常事態に対するイゼルカントのリアクションが薄すぎるのも宜しくない。
ゼラは、他者の意見を受け入れず敵味方を危機的状況に追いやり続けた醜悪な自分を映す鏡、とでも取るべき。
ここへの深い反省がないので、現状とキオを受け入れる気持ちの変化が、どうにも薄っぺら。
 フリットの変化もまた同じ。
最終的に彼を変えたのは、ユリンなのか…エミリーではなく。
「超現実的に魂が繋がった故の邂逅」「勝手な幻を見ている」どちらか分からないユリンとの会話には、ちょっと笑ってしまった。

 キオの主張もまた薄い。
 彼が救えたのは、結局ゼラだけ?
 ゼラの暴走とセカンドムーン危機があったから、結果的に戦いは収まったが、そうでなければイゼルカントの改心(諦念)は有り得ず、そうなると戦争継続が不可能になるまで連邦・ヴェイガンの戦力が減少する…兵士が死ぬのを待つしかない。
 「これ以上、連邦側にだけでも戦死者を出さない」目的のためなら、フリットが取ろうとした行動は合理的。
 セカンドムーンに突入し、病床の狂った指導者イゼルカントを殺す、もしくは人質にとって戦闘停止を呼びかける、という汚れ役を引き受けるならまだしも… キオの方法論では、最悪ディーヴァの乗員が全員死ぬことになったって「ぼくは誰も殺さなかった」からオッケーというだけのもの。
 「両陣営に大量の死者を出そうとも、生き残った人達が仲良く生きられる未来が有り得るならそれで良い」という考え方は、もしかしてイゼルカントと共通するのかも知れないな。

 キオの考えが幼いのは、本当にまだ年若いので仕方ない部分もあるか。
 馬鹿が付くほどの愚直さにより彼の考え方が次第に受け入れられていく、または、厳しい現実の前に少年っぽい理想は破られ血まみれになりながらしかし平和 を希求し続けていく、どちらかをドラマとして周辺キャラクターやエピソードでフォローしつつ描くのが、作品というものでは。
 話の都合でイゼルカントが彼を受容することにしたから、何となくキオの理想は通ったような感じ、で終わらせちゃ、もう何というか思いつき以上のモノじゃない。
 しかしイゼルカントも酷いなあ、ゼハートが後継者じゃなかったのか、ゼラは何のために作ったのか、ストーリーの都合で動いているだけに思え、考えがサッパリ理解できない。

 ドタバタと終戦、マーズレイについてもナレーションで片付け、ユリンが心の傷ではなくなったのだろうフリットとエミリー、理由があったとはいえ海賊だったアセムその後の人生、これからが想像し辛いキオ…それらは放り出して、いつも通りのエンディングが流されるのに驚く。
ここでイメージ的に、せめて笑顔のキャラクター達を見せてくれると思った。
 ディーンとルウの墓を建てるキオ、セリックの記憶を胸に新造艦艦長として立派な姿を見せるナトーラ、地球に降りたヴェイガン市民の笑顔、戦う以外何も知 らなかったが温かく迎えられ子供のような表情を見せるゼラ、ウェンディとディーヴァに乗艦していた子供達の再会、家族に看取られつつエミリーの手を握りし め穏やかに逝くフリット…
余韻を残すべく見せた方が良いイメージは、多々あったと思うが。

 全体に。
 一言で表すなら、不出来なガンダムとしか。
 何を描きたいのかハッキリせず、テーマ(ご大層なモノに限らず、例えば「ガンダムかっこいい!」だけでも十分テーマ)を絞って、面白く見せることがまるで出来ていなかった。
 キャラクターもメカも設定も、魅力的に描けたはずの布陣であり、シリーズ途中にいくつも良い方向に進ませる分岐点があったにも関わらず誤り続け、力足らずを感じさせられるばかりの内容に。
 このアニメが「叩き台」「素案」なのであれば、構成を整理することで、作り直して面白い作品に仕上げることは可能だと思う。
…「このままじゃ全然ダメ」を素直に認められる制作者であるなら(未読の小説版は良いらしいし)。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<『人類は衰退しました』最終12話.「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」 | HOME | 映画『魔法にかけられて』>>

この記事のコメント

ゼラが暴走するのは出番のタイミングとヴェイガンに寝返った元連邦テストパイロットの末路から予想はしてましたが予想とは全く違ったものになってました
あれが伏線かと思ってたんですがね
彼女のエピソードって一体何だったんだろう?
あと、AGEを見ていて思ったのは登場人物の名前を覚えられなかったなあと
境界線上のホライゾンの登場人物の名前は覚えられるのにAGEは「あれ、この人誰だっけ?」って思うことがしばしば
視聴態度の違いなんですかね?
2012-09-23 Sun 23:48 | URL | 通りすがる #-[ 編集]
視聴者にとって「長き旅の終わり」でしたね
過去のガンダムシリーズは今でも友人と話題にして盛り上がる事が結構あるのですが
AGEは1年後にはストーリーもキャラの名前も忘れていそうです
2012-09-24 Mon 17:44 | URL | 名無し #-[ 編集]
結局、三世代と言いつつ最後までフリットが主役みたいなもんでした。
なら最初っからフリット視点で話を作った方が、余程しっかりとした物に少しはなったんじゃないだろうか?
フリットがアッサリと浄化されたのが理解不能。
あれだけ鉄の意志でヴェイガン殲滅を掲げてたのにユリンの一言で方針転換。
なにこれ、ギャグアニメなの?
だったらユリンももっと早く現れろよw
例えば、フリットはキオがあのクローンのあんちゃんと同化したシドにやられそうになった所を、それを助ける為に身代わりになって死ぬとか言う展開にすべきだった。
ヴェイガンへの復讐心を持ったまま死ぬべきだった。
幼い頃に母親を殺され、多感な思春期に思慕の相手も殺され、更に恩人やその他近しい人が大勢殺されたのにあんなあっさりと改心するのは人としておかしい。
どうしても浄化させるのなら、死ぬ間際に上記のユリンが現れて、もうお終いにしましょうとか告げ、それを受け入れる様な展開とかにすべき。
翻ってイゼルカント。
こっちも無理やり最終回だからって改心させられてしまった。
死ぬ間際で気持ちが弱りきっているとは言え、大本は地球連邦に対する過大なる怨念に基づいている訳だから、キオが息子の生まれ変わりだなんて妄言吐く暇があったらセカンドムーンごと地球に落下させる位の気概が欲しかった。
どちらの配役もヒールとして描き切れてない中途半端なものになってしまった。
脚本兼シリーズ構成の日野氏はこのアニメが始まった時に大人が楽しめるガンダムだと言っていた。
しかしながら1話からこの最終回まで通して見て、お世辞にも納得出来る物ではない。
日野氏のツイッターを読む所も反省の言葉も残念がる様でもなく、重圧だったが楽しかったと述べている。
アニメだけではなく、これが昨今のメディアを作る側とそれを視聴する側の溝なのだと思わざるを得ない、非常に残念な思いだ。
願わくば、いつか作られるであろうガンダムオリジンが現代に甦る無印ガンダムとして成功する事を。

2012-09-24 Mon 23:01 | URL | u12 #-[ 編集]
>一言で表すなら、不出来なガンダムとしか。
日野晃博作品の中でもカナリマシな方です。
というかゲーム版はツッコミどころはありますが、クソゲーではない。
ゲーム版をやりましたがこれは日野晃博社長だけではなくバンダイ側サンライズ側にも著しく問題があります。

例えばフリット編、アセム編両方共アニメで叩かれていた箇所をできるだけ改変しており、
キオ編もフリットがシャナルアの妹に治療費を入金する描写など、「アニメでやれ状態」。
またゲームの戦闘も激しくやっていて楽しい、
AGEシステムは実は武器屋防具屋の役割でゲームオリジナルウェアが大量に出るため、
AGEシステムが世界を救うというシナリオにも納得がいく。
つまりイナズマイレブンやダンボール戦機で出来ていた連携が全く出来ていない。
この原因としてアニメ版スタッフが日野晃博社長の作風を理解していなかったということを、
アニメ版スタッフがベテラン揃いである、
イナズマイレブンやダンボール戦機の比べてみても明らかに未熟だということ。
「日野晃博作品は実はアニメ化の難易度が高い」が持論。

個人的に最悪のシナリオとしてサンライズとバンダイが子供向けガンダムを切り捨てて、TVシリーズが放送されなくなり、
大人たちが子供向けガンダムを馬鹿にするということ。
2012-10-04 Thu 19:21 | URL | METHIE #-[ 編集]
METHIE様
>日野晃博作品の中でもカナリマシな方です。
不出来な「ガンダム」なので日野社長作品としてどうかは問題ではないと思われます。
特に飛龍先生はイナイレもダン戦もご覧になっていないとの事なので、ここでのそれらとの
比較は伝わらないだけかと。

>バンダイ側サンライズ側にも著しく問題があります。
これに関しては私も個人的にあったと思います。
ガンダムというコンテンツはアニメ(今回の本命はゲームのようですが)だけでなく
ガンプラを初めてとしたさまざまな要素を内包している訳ですからその全体が日野社長
一人でどうにかなるような物ではないと思われ。

>「日野晃博作品は実はアニメ化の難易度が高い」が持論。
AGEは他のアニメ作品以上に社長自らが脚本を書いている率も高く、社長自身もアニメの
スタッフの一員である以上そういう事ではないと思いますけど、この場合。
単にレベルファイブのゲームのアニメ化という事にはなりませんからね。

>個人的に最悪のシナリオとしてサンライズとバンダイが子供向けガンダムを切り捨てて、TVシリーズが放送されなくなり、
まぁ無理に対象年齢を下げたリアルサイズガンダムをやらなくなる事はあると思いますが
それがそのままTVシリーズがなくなる事に繫がるような話でもないのでは?
2012-10-05 Fri 22:25 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |