オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『神霊狩/GHOST HOUND』01.「Lucid Dream 明晰夢」

 Production I.Gの二十周年記念作品だそうで。
 画面は、大変に高品質。
牧歌的な田舎の風景と、間に挟まれるゾッとするようなイメージを、実に的確な絵に出来ている。
 方言を使ったセリフも、独特の雰囲気を出せていて、良い感じ。

 しかし…褒められるのは それぐらいで、とにかく退屈な第一話。
 雰囲気はあるんだけど、本当、それだけに留まっており、明確には事件の予兆さえ与えてくれない。
 間延びした演出(意図的なものだろうが)を少しずつ詰めれば、もっと話を進められたかと。
せめて、「次回はどうなるんだろう」と思わせる引きぐらいは、設けて欲しかった。
 この第一話のどこに面白味を見出して、視聴者は次回以降も付き合ってくれるはず、と考えたのだろう。

 「サービスするから見ていってよ」と懸命に客引きをしている作品でも、全ては見ていられない今期、「我が道を行く」「感性が合う人だけ見てくれれば結構」という姿勢をハッキリ示してくれた この作品については、ちょっと早いけど、ここまでで視聴を終えて構わないだろう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<『機動戦士ガンダム00』04.「対外折衝」 | HOME | 迷惑メール>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

神霊狩についての最近の情報です。 …
| HOME |