fc2ブログ

『さくら荘のペットな彼女』03.「近すぎて遠い…」

 何も出来ないけれど抜群の容貌を持つ少女を、面倒に思いながら世話しつつ自由にも扱えてしまう幸せを描く不埒な内容になるかと思ったが…
 日常的生活能力には欠けるが天才的才能を持つ少女、学生寮の他住人達もそれぞれに欠陥を抱えつつ大きな才能を持つ。
 対して、主人公・空太は、能力や夢をまだ発見していないけれど、ごく普通に暮らせる問題のない少年。
 客観的にはどちらが優れているとは単純に言えず。
多くの若者は、空太と同様か、そこから更に欠損があるぐらいなもので、「悩むことはないのになあ」と思ってしまう。
 そういう彼が、自分を探し、見つけていく…それを縦糸に語る物語なのか。
 「ましろと二人ラブホテルに入る」ドキドキ、ドコまででも暴走できそうなお膳立てを整えながら、「全て自作品のため一直線」の、ましろを前にして沈む空太の気持ちに、よりウェイトが置かれているように見えた。

 意外と真面目なお話。
 しかしそうなると、「ペットな彼女」って何なんだ?という疑問は増してしまうけど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今回の脚本は原作者自らが手掛けてる。
つまりそれだけこの3話目が重要であると言える。
1話目でのお気楽日常系アニメかと思わせておいて、2話以降が妙に話が重い。
青春のほろ苦い程度の展開ならまだしも、あまりに鬱屈しそうな状況が続く様なら見るのがシンドクなりそう。

さくら荘、やらかしたなぁ…
名前は広まっただろうけどもその分、アンチを大量に引き付ける結果になった。
日本人なら確実に違和感を覚えるだろうに、何でわざわざ変えたんだろうか。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク