fc2ブログ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

 劇場で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見る。
 『序』『破』に続く、新劇場版シリーズ第三作。
 二作目『破』が非常に面白く、「これを見たかったんだ!」と思わせてくれる内容だったため、大きく期待をしての鑑賞。

 いや、面白かった。
 具体的に言いたいことあるんだけどネタバレてしまうので…テレビシリーズの構成を残していたりいなかったり、期待に応えたり乗り越えたり裏切ったり、過剰な情報量にこちらの処理が追い付かなかったり中だるんだり、様々な意味で上映時間いっぱい、楽しませて頂いた。
 「新劇場版」は、明快なストーリーで進めていくものと思い込んでいたが、新たなワード・展開が詰め込まれ、考察しがいのある筋立てになっていた…のだろう。
個人的には、色々考えられるだけの知識も情熱も足りず、諦めて聞き流し気味。
 魔法モノで詠唱される呪文の中身に意味を求めても余り意味が無い、みたいなもので、「なんか言っている」その結果として爆発したとか人が死んだとか笑ったとか泣いたとかいう現象が確認できれば、それで十分じゃなかろうか。

 風呂敷を広げた感があり、次の映画でキレイに閉じられるのかどうか、不安。
しかし、静かに片付けられているパーツもいくつかあるため、やりようによっては可能、かなあ。
 この『Q』であっても、旧作の「気持ち悪い」エンディングぐらいで良ければ、ラストに一言二言付け加えれば完結っぽい形に出来たような。
 「また十年後、新たな構想を加えて語り直す『真・エヴァンゲリオン』劇場版シリーズにご期待下さい!十年後もサービスサービスぅ!」ってのもイイかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Qはスケジュール的にかなーりやばかったそうです(主に監督面が)。
悪く言えばやっつけ、良く言えば、旧劇場版を彷彿させる内容。
インタビュー等で進行具合を聞かれると、あからさまに不機嫌になるとか。
まぁ、自分は1年くらいして気が向いたらレンタルでもして見ようか、とw

それガセである可能性が高いです、おそらくまとめサイトのこの情報が間違ってエヴァになってしまったのかと。
blog.livedoor.jp/ouritu_dora/archives/20224410.html
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク