オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『中二病でも恋がしたい!』最終12話.「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」

 お気楽コメディーアニメとして中盤まで見て来たが、後半は結構なシリアス度合いだった。
 六花が中二病にかかった(自分でそうなる事を選んだ)原因を巡り、なかなか重いドラマ展開。

 「中二病だ、ということまで含めてその人。認めて・認められる関係を一つでも築けるなら、そのままで良い」
 「いつか、誰でも現実に向き合わなければならない時が来る。痛みを越え、しっかりと本当の世界へ歩き出すべき」
 どちらでもテーマになり得たし、感動的に描けそうであり、悪くない。
どうしたいかは、もう作り手の考え方次第。
 この作品では…うーん、ちょっと中途半端な終わり方だったようにも。

 中二病、というものについて、現実で最も問題になりそうなのは「日常生活への支障」だと思う。
周囲との会話が成り立たない、忌避される、より内に籠もる、といった悪循環が発生しがち。
 しかし、劇中で六花は別段クラスメートから嫌われているように見えず(人気者でもなかろうが)、あんな言動でもコミュニケーションは取れているようで、こんな優しい環境下にあるなら「中二病で居続けて何か問題が?」としか。
 元中二病だった主人公と、六花の関係は、現実を受け止めて生きることで上手く行く、というものではない。
かといって、双方が中二病である方が幸せかというと、必ずしもそうでなく……
 どういう形が最も良い終わり方であったかは、難しい判断。
恐らく視聴者一人一人に違った答えがあるのだろう。

 この作品での…六花の中二病は、現実と自分の間に距離を持って(感じて)しまった人間が、自身にとって扱いやすい形に現実の認識を変容させることで、それを埋めようとする心理機構。
 そこを代わって埋められるのが「恋」ということだろうけど、その恋の相手である主人公がそもそも中二病の発症原因であり、彼の彼女に対する望みは「現実 に帰れ」でも「中二病でいて」でもなく、「六花らしくあって欲しい」だろうから、スッキリした終わらせ方にするのはなかなか困難。
 また、六花に続けて完治の様相(フリ?)を見せる凸守、六花から見事に症状を伝承するくみん等、作品内で「中二病」そのものの定義が怪しくなるような所もあった。

 とか、考えれば考えるほど迷路に入り込むみたいで、容易に「こうだ」と断じきれない作品。
 現実を歪めてバトルフィールドにしてしまう演出が素晴らしく、対比して現実のショボさ(勇ましく巨大武器を振り回す六花が、実は腰が引けた情けない姿で 傘を振っているだけとか)にも笑わされ、他のアニメで「能力者同士の壮絶バトル」が繰り広げられるたび、「ああ中二病中二病、どうせ現実では…」とか変な ツッコミをしてしまう副作用も。
 ヒロイン・六花が素晴らしく魅力的で、引き付けられる。
 最後まで主人公を好きに「ならない」、ハーレム拒否の森夏も良かったなあ。
 バカだけど気の良い誠、くみん・凸守も可愛くて好きだけど、まだ彫り込んで魅力アップできたはずと思うと惜しい。

 この作品を、好きか嫌いかと言われれば、文句なく好き。
 出来が良かったかと言われると、まだ答えが出ない。
 もう少ししたら、最初から全部見直してみたいな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コミケ | HOME | 映画『ワイルド7』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |