オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『まおゆう魔王勇者』最終12話.「「待たせたな、わたしの勇者」「寝坊しすぎだ、おれの魔王」」

 経済や宗教、社会システムの有り様をRPG的世界観に持ち込む、異色のファンタジーも終わり。
 『狼と香辛料』では、ちょっと経済的側面が分かり辛く、また薄く感じられた事を不満としていた気がするけど、この作品でも同様。
いや、こちらは頑張って難しいことを描いていたのかな…自分の理解力に難があっただけで。
 魔王が持つ、作品世界の平均水準を超える技術や知識により世界が改変されており、それは便利過ぎでは?と思っていたが、『JIN-仁-』『信長のシェフ』のような「タイムスリップにより知的優位性を持つキャラクターのドラマ」バリエーションだと考えれば、納得できる。

 知的巨人・魔王、化け物のような戦闘力を持つ勇者より、メイド姉みたいな市井の人間が、一歩踏み出す事により歴史の流れを変えていく所を面白く感じた。
 今作では人間世界がストーリーの中心になっていたから、続編があるなら魔族世界の理解や誤解、内紛など、見てみたい。
魔族は食べるモノに困ったりしてないんだっけ?

 無駄に巨乳で博識なのに男女関係への知識や実践力に欠ける魔王は、可愛くて魅力的だった。
 彼女と、勇者を挟んで三角関係を形成する女騎士の位置が面白く、女性同士で火花を散らしつつ互いを尊重し合う所は爽やか。
 メイド妹の元気さには救われる…この子が笑顔で居られるなら少々の事は大目にみられるぐらい。
 世界はまだまだ困難に満ちており、キャラも更に深化させられるはず。
ムズカシイことは置いて、勇者と魔王の奥手なラブコメをもうちょっと見たいなあ、という理由だけでも、続編を期待したい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『DD北斗の拳』01.「世紀末なんてフツーだ ケンシロウ登場!」「歌えケンシロウ 愛をとりもどすために !!」 | HOME | 『たまこまーけっと』最終12話.「今年もまた暮れてった」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |