オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『はたらく魔王さま!』01.「魔王、笹塚に立つ」

 原作未読。
 最後の戦いを挑むべく、魔王の居城へ突入する勇者。
RPG…ファンタジー作品のクライマックスみたいな導入。
 多くの人が思ったろう、時期的に、『まおゆう魔王勇者』と相似。
 しかし、ここからは大違い。

 現実→異世界、またはその逆の次元移動はフィクションにおいてそう珍しいことではないが、強大な魔力を誇った…のだろう魔王が、現実世界では不審者扱い され、パワーを失いつつも生き延びるべく日常に呑み込まれていく、このギャップが面白く描かれていて、一気に引き込まれる。
 ファーストフードのバイトとして、意外なほどの才能を発揮する魔王が可笑しい。
異世界の魔王であった当時も、作戦行動や人事には配慮が行き届いていたのだろうか。
 仕事にも関係ない行きずりの女性に傘を渡してしまう人の好さから、よくイメージされるような邪悪な魔王であったとは思えず。
そのあたりは、いずれ語られるんだろう。

 魔王が現実に馴染み、「堕ちてゆく」プロセスが面白いので、こんなに急がず、細かく描いて欲しかった。
同じく堕ちた…ように見える勇者との出会いを、次回への引きとして見せたいのだろうが。
 魔力も無いまま(魔王にはまだ僅かに残っているが)、実は魔界のものだとか魔王だったとかパワー復活を狙っているとか語ると、単に中二病のよう。
 異世界へ帰る事は出来るのか、このままバイトの地位を登り詰めてしまうのか、女勇者との関係は……次回が楽しみ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『グレイヴ・エンカウンターズ』 | HOME | 『RDG レッドデータガール』01.「はじめての転校生」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |