オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ダンボール戦機WARS』02.「恐怖のウォータイム」

 このアニメのロボット、実際にはオモチャ大の小型ロボットであり、パイロットは搭乗せず遠隔操縦で戦う。
命を賭けたりケガをする事もない比較的平和な戦いようは、学校形態で行われるに相応しい。
 ただ、それだけでは余りにも緊張感に欠けてしまうので、学生にとって死に相当するリスク…「退学」なんかを賭けた戦いにしてはどうか、などとぼんやり考えていたけれど、そんな思いつきではなく実に上手い感じでアニメにしてある。
 自己犠牲的な戦い方をし辛くなる可能性があるから、勝利により溜めたポイントを使えば退学になった部隊メンバーを復学させられる、といった救済措置があっても。
ゲーム的になってしまうか。

 主人公・アラタは、天才パイロットではないけれど無能でもなく、ある程度の戦績を上げつつも数に勝る敵を圧倒できるほどの戦闘能力は持ち得ない。
この微妙なバランスにより、戦いが面白く見られる。
 ドッと出て来た新キャラクター達の見分けは付かないけど、それはこれから、なのだろう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『惡の華』01. | HOME | 『波打際のむろみさん』01.「瀬戸際のむろみさん」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |