オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『犬とハサミは使いよう』02.「犬は熱いうちに打て」

 前回のラストより前から話を始め、ちょっと混乱…というのはどうでも良いとして、主人公アパートに対する霧姫推理の強引さに唖然。
これだと、「そんなバカな」と笑っていたら実際に犯人が居た、とでもしてギャグに転化するしかないだろうが、そうでもなく。
 アパート廊下で犯人と鉢合わせするシーン、逃亡と追跡、続く馬鹿バトルアクション、どれも演出から作画から低いレベルで、制作者の意図とは違うだろうところで笑ってしまう。
シリーズを立ち上げる大事な部分だと思うのに、ここまで気合いが抜けていて良いのかな…

 前回、主人公を襲った悲劇に気付いてさえいない様子だった霧姫が、罪の意識に重く苛まれていた…と言われても、「実はあの時…」という継ぎ足しの回想さえ挟んでいないのに余りに急で、???としか思えず。
 作り手も乗っていないせいか、彼女のツンデレ・二面性にサッパリ説得力が無く、「この程度でも視聴者は喜ぶだろう」と甘えて作っているようにさえ感じてしまう。
 今回の内容とは全く関係なく、アイドル?少女らその他ヒロインを登場させてしまう…しかも原作既読者以外には魅力など伝える気もない扱いで…ことも感心しない。

 これ以上見続けても不満ばかりになりそうだから、視聴はここまで。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『げんしけん二代目』01.「道のむこう、約束の場所」 | HOME | 『サーバント×サービス』01.「気をつけよう 人の呼び方 その理由」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |