オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『パシフィック・リム』

 『ブレイド2』『ヘルボーイ』『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督による巨大ロボット作品。

 不満は、多々ある。
 長年、和製ロボットアニメを見続けてきた身としては、「もっとケレンの効いた演出を!」「ロボットの個性が弱い!」「あと一言、熱いセリフがあれば泣けるのに!」と、言いたい事色々。
 友人に「早く見てくれ、それまでは内容に触れる文句が言えないから!」と、変な勧め方をするぐらい。

 でも、面白い。
見ている間中ずっとワクワクする、とにかく嬉しい、シアワセだ。
 こんなにも妥協なく、巨額の予算を掛けて、実写で画面に説得力のある巨大ロボットバトルを見せてもらえるとは思わなかった。
 『トランスフォーマー』もお馬鹿さんな所が嫌いじゃないけど、ストーリーにもバトル演出にも大きく難があり、満足には程遠かったので。
 巨大ロボット・イェーガーは「人が乗り込んで操縦するロボット」。
しかも「搭乗者二人が記憶・思考を融合しないと動かせない」という『コン・バトラーV』合体システムのような厄介機構を搭載しており、不合理だけど燃える。
ロボットバトルのゲームなんかだと、コントローラー一つで相当複雑な動きを可能にしているから、この延長上に(しかも人体動作トレースシステムで)人間二 人も必要だとは思わないが、元々存在自体が合理的でないロボットには「はぁ?」と思わせる設定の一つや二つ、あって当然か。

 敵となる怪獣がコワイ。
米版『GODZILLA(結構好き)』よりも「怪獣」をしっかり理解している感じで、嬉しい。
 海上でのバトル、都合に合わせて水深をテキトーに設定した様子が(遠浅海岸なのかなあ?)また日本特撮っぽくて可笑しい。
 予告で聞かれた「エルボー・ロケット」が、吹き替え本編では何故か「ロケットパンチ」になっており、戸惑ってしまったり。
せっかくの武装だし、もっと何度か有効に使って欲しかったなあ…エルボーの推進で急激に体勢を変えたり、千切れた腕のロケットを遠隔操作で点火し怪獣の後ろからブン殴ったり。

 ストーリーを単純化するのに必要なんだけど、上層部がバカすぎ。
そもそもイェーガーなんてモノを作る時点で賢くはないのか…専用の戦闘機でも量産した方が合理的だもんね。
 設定も多少は読んだが、巨大ロボットの必要性が弱いのは残念。
「とにかく巨大ロボットを作るべき」「戦闘機や戦車じゃ全然ダメだ、人の姿をしている方が強いんだよ!そんな事、日本人なら子供の時から知ってるぜ!」という常識(?)は、アメリカ一般に通用しないのでは。

 主人公とヒロインにトラウマを設けたのだから、精神融合設定を用いて、乗り越えるプロセスを見せて欲しかった。
 ヒロインの過去、本来「家族を怪獣に殺された恐怖と怒り」がメインであるはずでは。
後の展開に繋げるためか、この辺が弱く、ためにトラウマの乗り越え方まで弱くなってしまった。
 傷を克服し、パイロット同士が心から信頼し合えるようになった時、イェーガーは本来の性能をも越えるパワーを発揮する…的な所があればなあ。
アメリカ合理主義映画では、そういうのあんまり見た事ないけど。

 米も日本も興行成績は余り良くないらしいのに、中国では大当たり、と聞く。
それなら、中国をもっと格好良く描いても良かったかな。
カンフーを使う高速打撃型イェーガー、武装はヌンチャクで。
 次回作があるなら、韓国イェーガーも設定すれば…韓国武術って何だろ?剣舞とか?…を使い、中国ロボと共に日本とは単純な協力関係にない。
この三体が恩讐を乗り越えて友情を見せても良いし、逆に乗り越えられず三国共に自滅してもテーマとしては意味を設けられる。
 いや…アメリカ映画だし、出すなら米とキューバ・北朝鮮・イラン辺りの関係を描くか。

 こんな感じで、つい『2』を考えてしまう。
 パイロットは一人きりで、操縦補助として怪獣の脳が使われており、性能を恐ろしく上げられた代償に、パイロットが平静な気持ちで居続けなければ怪獣に意識を喰われるイェーガーとか。
 お約束の合体・変形機能は是非実装して欲しい。
 とにかく続きが見たいなあ!
取りあえず、ソフト化されたら本編を何度か見返したい。
 馬鹿でテキトーでツッコミ所満載、でも格好良くて嬉しくて熱くなる映画。
 これだけのモノを見せてくれて、ただただ「ありがとう」。
スポンサーサイト

映画 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<『ステラ女学院高等科C3部』08.「司令ハ非情タルベキカ?」 | HOME | 夏コミケ、二日目・日曜日>>

この記事のコメント

>長年、和製ロボットアニメを見続けてきた身としては

デル・トロ監督はロボ的には鉄人28号やマグマ大使の辺りの洗礼を受けてきた方なので
その後のロボットアニメブームを体験してきた日本人のロボ好きとは感覚が違うのでは?
という説があったりするそうです。
あと今度日本で実写化されるパトレイバーの影響なんかも語っていたりはするそうですが。


>次回作があるなら、韓国イェーガーも設定すれば…韓国武術って何だろ?剣舞とか?

韓国といえば日本では往年の対戦格闘ゲームなどで御馴染みのテコンドー…ではテコンVと
被るので色々と面倒な気がしないでもないですね。
2013-08-19 Mon 18:57 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]
イオンシネマの3D映像で見る。
一緒に見た友人の第一声が「クソつまんね」だった・・・
まあこいつはアニメとか特撮に疎いから仕方ない。
ただ、一般人の目線としては案外ハズレてないのかも(日本での興行収入が芳しくないと照らし合わせて)。
どうみてもオタク向け映画。

感想に関しては大よそ管理人さんと同意見。
ただ、もしも2が出来たら見たいかって言うとちょっと微妙。
コンセプト的には昭和のロボアニメや特撮なんだろうけど、設定その他諸々まで昭和の粗のある物じゃなくても良かった様な。
敵の怪獣が妊娠してた事に驚いた。
クローンによる増殖と言ってたからまさか子供がいるとは。
怪獣を量産するにはクローンと妊娠じゃクローンのが有利な様な。
それともそんなに大量にクローン化が出来ないとか。
最後、バカ倅を戦死させたのは不満。
あそこは長官が1人で自爆させるべきだった。
まあそこら辺が昭和のご都合主義かw
しかし2って出来るのかいな?
ワープゲートと敵基地はほぼ壊滅状態だし、あそこからどうやって次回作に結び付けるんだろ。

2013-08-20 Tue 21:32 | URL | u12 #-[ 編集]
> デル・トロ監督はロボ的には鉄人28号やマグマ大使の辺りの洗礼を受けてきた方なので
> その後のロボットアニメブームを体験してきた日本人のロボ好きとは感覚が違うのでは?

 「燃える!」って部分の薫陶が弱い感じなんでしょうか。
 脚本に島本和彦先生あるいは今川監督でも加えれば、泣けるほど良くなったかも。

> 韓国といえば日本では往年の対戦格闘ゲームなどで御馴染みのテコンドー…ではテコンVと
> 被るので色々と面倒な気がしないでもないですね。

 あー!テコンドーがありましたか!
 続編作るなら韓国での収益アップも狙うべきで、格好良くデザインし直したテコンV出すのもヤムナシ。
2013-09-04 Wed 12:01 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> ただ、一般人の目線としては案外ハズレてないのかも(日本での興行収入が芳しくないと照らし合わせて)。
> どうみてもオタク向け映画。

 『トランスフォーマー』よりまともなストーリーだと思うんですけどねー、残念な事に興行収入はずっと低いんでしょう。

> コンセプト的には昭和のロボアニメや特撮なんだろうけど、設定その他諸々まで昭和の粗のある物じゃなくても良かった様な。

 そこは、ぼくも本当にそう思います。
もうちょっと詰めて考えれば良かったのに…と。
 でもまあ、最近のハリウッド・エンターテイメント大作ってだいたい粗だらけなんですよね、ワザと?と勘ぐってしまうぐらい考えが足りない。

> 敵の怪獣が妊娠してた事に驚いた。

 『エイリアン』も米『GODZILLA』も「出産(産卵)」が描かれてます。
日本では「子供に罪はない」ドラマにしがちですけど、アメリカじゃ恐怖の象徴として問答無用で処分すべきって描き方。

> 最後、バカ倅を戦死させたのは不満。

 続編では平然と「危なく死ぬ所だったぜ、脱出装置が間に合って良かった」なんて言いつつ再登場を…

> しかし2って出来るのかいな?
> ワープゲートと敵基地はほぼ壊滅状態だし、あそこからどうやって次回作に結び付けるんだろ。

 ゲートは(設定として)いくらでも開けますし、敵基地も再建できるでしょう。
 既に海底に生み付けられていた大量の怪獣卵が孵化し…でも良いですし。
 第二シーズンっぽく、全く新しく設定した宇宙人が、巨大ロボットに変形する馬鹿デカイUFO(円盤獣?)で地球に乗り付けても。
2013-09-04 Wed 12:21 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> 『トランスフォーマー』よりまともなストーリーだと思うんですけどねー、残念な事に興行収入はずっと低いんでしょう。

残念ながら知名度が圧倒的に違いますので。
なんだかんだいって原作が20年以上続いてるコンテンツとは、単純に比較は出来ません。
それでもぽっと出のタイトルで、メジャーなハリウッドスターも出てない作品としては、比較的ヒットした方だと思います。
興行収入は、『ダークナイト』とほぼ同じだそうですし。

>怪獣の妊娠

この映画では異次元人がわざわざ異次元の穴を通して怪獣を送り込んで来てますので、現地で繁殖(というか自己複製)が可能であれば大いに有利でしょう。
2013-09-10 Tue 05:57 | URL | 炎上する名無し #-[ 編集]
> 残念ながら知名度が圧倒的に違いますので。

 ですねー。
 『パシフィック・リム』というタイトルも、残念ながらピンと来ないものであった…かも知れません。

> 興行収入は、『ダークナイト』とほぼ同じだそうですし。

 そう聞きますと、かなりなヒットのように思えます。
 巨大ロボットの本場?日本で当たってほしかったんですけどねー…

> この映画では異次元人がわざわざ異次元の穴を通して怪獣を送り込んで来てますので、現地で繁殖(というか自己複製)が可能であれば大いに有利でしょう。

 続編への伏線かも。
2013-09-29 Sun 20:34 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |