オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』09.「モテないし、夏が終わる」

 夏休み三部作完結編…?
 家に引きこもってグダグダと日々を過ごしてしまうダメさ加減に笑ったり、身に詰まされたり。
 自分は高校時代、川で泳いだり隣町まで自転車で行ったりそこそこアクティブに過ごしていたと記憶しているけれど、それは「他にする事がなかったから」。
現代のような携帯電話はもちろんパソコンもなく、地方でテレビ局は二つのみ、レンタルビデオなんて気の効いたシステムが出来るのは数年後の話、自宅の漫画や小説は飽きるほど読み返して…そうなると、外に出る以外、時間の潰しようがない。
 必要に迫られたからアウトドアで過ごしたり、友人宅をハシゴ(そしてその家の漫画を読み尽くす)した訳で、部屋にこもっていても楽しく過ごせる方法が今 ぐらい多くあれば、どうなっていたか分かったモンじゃない、というかこのヒロインと変わらなかったろうコトは容易に想像が付く。

 お話が、原作で未読のエリアに入ってきたため、より楽しく見られる。
 友人少女が勤めていたような、可愛い制服の店でバイトしてみれば良いのに、智子。
妙な気合いや思い込みを取り去り、普通程度に可愛い服、スッキリした髪型でニッコリ笑えば、素材は悪くないんだし(特にアニメ版では)モテることもありそう。
 いずれそういうエピソードもある…かも知れないけど、「看板に偽りあり」にもなりかねないため、そうそう簡単に繰り出せる手ではないのかな。

 異常行動の目立つ智子に対し、周囲の目線は、ちょっと不自然なぐらい優しい。
 いやー、現実には、智子のような相手を嫌い、悪し様に罵る人も居そうなもの。
ただ、そういう存在があると、彼女の「考えすぎて迷走・暴走」が「まんざら考えすぎとばかりも言えない」ことになってしまい、ある意味世間と噛み合ってしまうのか。
 ケーキ屋さんで可愛くバイトをしたいという彼女の夢が、ベルトコンベアー作業のケーキ工場でオッサンオバサンに混じって機械的に働かされることで粉々になる、このギャグに大笑いしてしまった。
可哀想だなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『宇宙戦艦ヤマト2199』を見終わって、つらつらと考えたこと | HOME | 『サーバント×サービス』09.「ありますか 心のゆとりと 積み重ね」>>

この記事のコメント

もこっちの“痛さ”はほぼ内側向きで言葉こそは過激だが、向けられる対象は最終的には自分。
ゆら公の“痛さ”は確実に外向きで他者に向けられて言葉だけではなく、行動も伴った過激さ。
同じボッチなのにその行動は真逆。
両者とも最終的な目標は他者から認めて欲しいと言う欲求であるが、そこに至るプロセスが極端に違うのが面白い。
2013-09-10 Tue 21:16 | URL | u12 #-[ 編集]
> 両者とも最終的な目標は他者から認めて欲しいと言う欲求であるが、そこに至るプロセスが極端に違うのが面白い。

 「ゆら」ってのが誰だか、しばらく分かりませんでした(笑)。
 確かに、智子は外側に怒りを出すことは少ないですね。
2013-09-29 Sun 20:41 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |