fc2ブログ

『宇宙戦艦ヤマト2199』を見終わって、つらつらと考えたこと

 ネタバレもあるかもなので、ご注意。

 オリジナル版で、イスカンダルからの帰途にあったヤマトに追いすがってきたデスラー艦との、空間磁力メッキを用いた戦い。
あれは、つい「出た!真田さんの『こんなこともあろうかと』珍発明」とか「後のシリーズで扱いに困る便利すぎる武装だよねえ」などと思ってしまうが(実際 そうでもあるんだけど)、「我々は戦うべきではなかった、愛し合うべきだった」とする、テーマを語る古代進のセリフを受けたものなのね。
 あのセリフを経た後、デスラー艦に砲撃を加えたりましてや波動砲をブチ込んで撃破するのは宜しくない、テーマを台無しにしてしまう。
だから、「なお悪意を向けてくる相手は、自ら放った悪意ゆえに滅びた」描き方になっている。

 空間磁力メッキを、戦艦前方の空間に任意の形状で発生させる事により、波動砲をいくつもの筋状に分散させるアンドロメダの「拡散波動砲」が可能になっているんじゃないかなあ。

 その発明をした真田さんは、『2199』では「古代守と友人だった」こと以外、過去について余り触れられておらず、体験した悲劇によって科学を「屈服させるべき敵」と考える複雑な内面は、無いのね。
 ここいらは、リメイクに必要ない設定と考えたのか、真田さんをより知りたい人はオリジナルを見てね、というコトなのか。

 『2199』地球には芹沢ら主戦派が生き残っていると思われ、ヤマト帰還、地球環境回復の後は、アンドロメダ艦隊を組織して不思議ない。
 そういえば、ガミラスに対し先に戦端を開いたのは地球、という重大事について、その後はほとんど触れられなかったような。
ガミラス艦隊は侵略目的で訪れていた・地球(ヤマト)は無用な攻撃破壊を行わないことを態度で示した・ガミラスはもうそんな些細な事に拘ってられる状態 じゃない…責任追及を回避できそうな事柄はあるけれど、どうしても扱いが難しい設定であり、ただでさえ詰め込み過ぎて消化不良な部分が多い中、最初から無くした方が良かったのでは。

 映画『完結編』で、死亡した沖田艦長を再登場させる理由として「死んだと思ったけど誤診だった」と言われる事に多くのファンはのけぞったモノだが、『2199』世界ではそれは必要ないな。
何せ便利なシロモノがあるから…死体の存在が絶対条件でなければ、ドメルもサーシャも復活可能じゃなかろうか。
 この後『さらば…』的なヤマト乗員ほぼ全滅のイベントを経た後でも、更に続編を作るなら「生き返らせました」で済む。
 というかスターシャ。
女王ならイスカンダルをかつての活気ある姿に甦らせれば良いのにねー。
今作のスターシャは、母星の悲劇をどのぐらい憂いているのか分からないけど(昔のイスカンダルを嫌っていたそぶりさえあるし)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

2199が始まる前に旧の1話目と2199が終わってから旧の最終回を見直してみる。
旧の1話目。
古代守が沖田の命令を無視して沖田艦を逃がす為に戦線に留まり、爆散するシーンはその後展開を知っているのも関わらず、その時の沖田と守のセリフや行動には何度見ても涙してしまう。
2199でもやはり泣くのだろうかと、その時は思った。
そして実際に始まって見て・・・
絵、音は凄く良い。
雪はエロ可愛くなってるし、沖田艦長もカッコいい。
古代進も守もイケメン。
だけど同じ様に古代守が戦死するシーンでの感情の振れは残念ながら無かった。

続く

続き
2199の最終回。
うーん、コスモリバースが超科学過ぎ。
人の魂をどういう形で機械に封入出来るのか。
真田も言ってたが、科学も突き詰めればオカルトと大して変わらないw
魂どうこうで思い出させられたのは、さよなら銀河鉄道999での機械化人達の栄養元となってる人の魂を入れたカプセル。
監督はそこら辺から今回のコスモリバースの核に魂を使う事を考えたのだろうか?
翻って、旧最終回。
森雪最大の見せ場。
古代進を守りたいと言う一心からまだ試験運転もしてないコスモクリーナーを始動。

更に続きます ^^;

続きの続きw
ここで自分が記憶違いしてたのは、てっきり雪は汚染されて倒れたたと思ったけど、実際はコスモクリーナーが浄化の際に酸素を一端オゾン化したせいだったのね。
肝心なシーンなのにすっかり忘れてるw
2199だとセレステラの自害を防ぐ為にデスラーの親衛隊に撃たれてるけど・・・
あのシーンも?となった。
放って置いてもセレステラは自害するのに、何で親衛隊は撃った?
その上、デスラーはセレステラが死んだのがショック(?)なのか撤退してるし。
旧でのツッコミはまぁ、時代的に仕方ないと言えるが2199の方はもう少し何とかならなかったのかと残念な気持ちになる。
勿論、時間的な制約があるからその中で最大限頑張ったのではあろうが、旧も打ち切りと言う憂き目に遭いながらラストは素晴らしい物に仕上がっている(空間磁力メッキはちと苦しいがw)。
来年には新作の劇場版が控えてるらしいからもっと素晴らしいヤマトを見せて貰いたいものだ。

Re: タイトルなし

> だけど同じ様に古代守が戦死するシーンでの感情の振れは残念ながら無かった。

 ぼくは「銀河航路」歌いながら行くところ、割と好きです。
泣きはしませんけども。

> うーん、コスモリバースが超科学過ぎ。

 この機構がサッパリ分からないので、お話に入り込めませんでした。
クラークの第三法則を引用されたって納得できないモノは納得できず。
 もっと上手く騙して欲しかったですね。

> 勿論、時間的な制約があるからその中で最大限頑張ったのではあろうが、旧も打ち切りと言う憂き目に遭いながらラストは素晴らしい物に仕上がっている(空間磁力メッキはちと苦しいがw)。

 新作は「自分の内側に、作品を通して語りたいことが何も無い世代」というのを感じてしまうんですよ。
ぼくも、その世代の端っこなので、あんまり使いたくない言葉ではありますが。

コスモリバース関連の話は旧作での雪の復活に理由を付けるにしてもかなりひねり過ぎな
感じはありましたね。


>新作は「自分の内側に、作品を通して語りたいことが何も無い世代」というのを感じてしまうんですよ。

まぁ変更点があるとはいえ基本的に旧作を大事にした形のリメイク作品ですからねぇ…
ガッチャマンクラウズのような実質別物ならともかく、この作品の場合自分を出し過ぎるのは
それがマイナスに働く可能性は高まりますからね。

まぁ個人的に出渕監督のオリジナル監督作品のラーゼフォンをはあまり評価していないので
今回は殆ど余計な事はしてくれなくて本当に良かったと失礼な事を思ってしまうくらい
なんですけどね。

Re: タイトルなし

> まぁ変更点があるとはいえ基本的に旧作を大事にした形のリメイク作品ですからねぇ…

 そうなんですけど…
 「ガミラス決戦で、デスラー一人が悪者…異常者に」「コスモリバース関連の大きな変更」辺り、何故こう変えたのかがよく分からないんですよ。
理屈を通そうとした、にしては、より大きな矛盾や納得できない点が生じてますし。
 ドリルミサイルなんか、変なところもそのまま通してる訳で、上手く辻褄合わせられないならオリジナル通りで良かったと思うんです。
なら「元々変だったから仕方ない」と思えますし。
 それをどうしても変えるなら、「このために変えた」という意思が欲しかったもので。

> まぁ個人的に出渕監督のオリジナル監督作品のラーゼフォンをはあまり評価していないので

 『ラーゼフォン』設定や、バトルなどシーンのイメージ、一部ストーリーも良かったと思いつつ、全体としては、ぼくも余り評価してません。
 『ヤマト2199』が上手くいったのは、オリジナルシリーズに準拠させることで一本ピンと背骨が通ったようになっており、アチコチの変更によってもストーリーにブレが生じなかった…少なかった事が大きいように思います。
 そうなると、完全新作?の劇場版が不安なんですよね…
全くの新作ストーリーより、『さらば』を背骨にして作ってくれれば良いんですけど。

>上手く辻褄合わせられないならオリジナル通りで良かったと思うんです。

ヤマト2199ってある程度の辻褄合わせは行われていますが、別にオリジナル版の持つ
緩さを全否定する程ガチガチに固めている訳ではないので、あの辺が2199スタッフの
取捨選択のバランス感覚なのでしょうね、と思って見ていました。

デスラーの扱いに関しては私も酷いとは思いますけど、ガミラスによるイスカンタル崇拝と
ヤマトにガミラスを滅ぼさせないという新規要素と旧作からのデスラーのスターシャに対する
想いの組み合わせの結果、なんですかね?
一説には出渕監督が旧作のシリーズが進むと段々美化されていくデスラーを
快く思っていないという話もあるそうですけど…真偽の程は定かではありませんが。

コスモリバースに関しては、放射能除去しただけでは地球は元には戻らないしその放射能
汚染自体もやめてしまっているという前提があるので当然コスモクリーナーとは別物に
なっていて、そこから最後の沖田艦長の死と雪の復活という旧作の展開をどうするのか
というお題に対しての苦し紛れの答えだったのではないかと思ったりします。

劇場版に関しては噂では2199の前日譚のデスラーの過去や第二次火星沖海戦を
やるという話もありますね。
続編に関してはとりあえず出渕監督はやらないと公言してますし。

Re: タイトルなし

> 一説には出渕監督が旧作のシリーズが進むと段々美化されていくデスラーを
> 快く思っていないという話もあるそうですけど…真偽の程は定かではありませんが。

 元祖シリーズでも、デスラーは、ガミラス人の信頼を完全に裏切るような愚挙は行っていなかった…ように思います。
 スターシャへの片思い?のため、あそこまで狂った行動を取るキャラクターでは、なかったと。
 同じ狂うにしても「イスカンダルを焼け野原にし、スターシャを強引に攫い娶って、両惑星の大統合を行う」というならまだ分かるんですが。

> 劇場版に関しては噂では2199の前日譚のデスラーの過去や第二次火星沖海戦を
> やるという話もありますね。

 そういう噂、あるみたいですね…しかしヤマトが出ない映画の集客力はどんなものでしょうか?
ガンダムが出ないガンダム作品(OVAではありますよね)より、もっと難しくなりそうな…
 いえ、傑作が出来ればそりゃ嬉しいことですから、頑張って作って欲しいと思っておりますが。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク