オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『きんいろモザイク』最終12話.「きんいろのとき」

 ふわふわの、ひたすら心地よいアニメで、嫌な気持ちにさせられることなど無く、作画の安定感も相まって、ぽえーっと見終わってしまった。
 後からレギュラーに加わったカレンとか、必要ないのでは…?とも思ったけれど、邪魔になる存在ではなく(そんなにタイトな内容でもないし)、彼女は彼女で可愛いからオッケー。

 最終話、クラス替えの困難を乗り越え友情を育む少女たち、という図式で一度エンディングまで流して物語を閉じておきながら、それはそれとしてミュージカルを始めるのにビックリ。
「その後の話」ですらないのね、一年生の教室だったから。
 これも楽しくできていたし、別段文句を言うようなことでもないんだけど、せめて前半と後半は入れ替えた方が最終話らしくなったんじゃなかろうか。
 第二シーズンがあるなら、『ひだまりスケッチ』のごとく時系列に沿わない形でエピソードを語る構成になります(だから進級も卒業もあるかないかは制作者次第)、という宣言だったり…しないな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『グレイヴ・エンカウンターズ2』 | HOME | 映画『[アパートメント:143]』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |