オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『グレイヴ・エンカウンターズ2』

 衛星で放送された映画『グレイヴ・エンカウンターズ2』を見る。
 精神病院の廃墟で起きる怪異を撮影に行ったチームが行方不明になった(全員死んだ)、前作の続きを、嘘ドキュメンタリー形式で描く。

 前作を見た、映画学校に通う若い衆が主人公。
彼らが、前作はフィクションか本当にあったことなのか、調査を進めていく構成。
 ちょっと悪質なのが面白く、「撮影後、前作俳優たちは行方不明。その一人の母親に会ったら認知症だった」「前作はフィクションで、監督は会社の(無能 な)アルバイト二人だということにした」「俳優の家族には、お金を払ってやったら喜んで沈黙を誓約した」などなど、ヒドい扱いに笑ってしまう。
 廃病院に辿り着くが、警備員に追い払われ、それでも諦めず潜入を試み…辺りまでは結構引き込まれる。

 しかし、肝心の怪奇現象が起こり始めると「前作と同様」であり、ガッカリ。
ボアーと口開けた化け物が追いかけてくるところなんて、お馴染み過ぎて笑ってしまったり。
 見えない霊?が、人間に代わりカメラを持ち上げて撮影までしてくれるのは…親切だなあ。
 凄くイヤ~な気持ちにさせるラスト。
ホラー映画だからコレで良いのかな…このイヤさ加減をサッパリと解消する更なる続編も作れそうだし。
「病院の外も安全ではない」設定にしたから、続きはどうにでもできそう。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ガッチャマン クラウズ』最終12話.「Collage」 | HOME | 『きんいろモザイク』最終12話.「きんいろのとき」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |