fc2ブログ

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation』最終13話.「さよなら絶望学園」

 事件が起きて、それについての捜査パートがあり、集めた証拠を持ち寄っての学級裁判に入る…ゲームとしては『逆転裁判』に似た内容なのかな。
 この作品での伏線、情報提示などから、自分は事件全貌を事前に推理することが難しかったけれど、「そうだったのか!」と真相で驚かせるよりも、アクの強いキャラクター同士の掛け合いを楽しませる構成だったと思う。
 犯人であることを暴かれたキャラが豹変し、普段と落差のあるヒドい顔でヒドい事を喚き始め、それがお仕置きで無残にも断罪される解決パートは、実際、面白くできていた。

 学園全体に隠された秘密は、予想が当たったり外れたり。
世界で発生している破滅的事象について、こんなに説明がないとは思わなかった…まあ、どうであろうと重要じゃないんだろうが。
 声を含み、モノクマが一番強烈なキャラクターだったな。
しばらくは、大山のぶ代がドコかで陽気な声を出しても、ドラえもんよりコチラの悪意に満ちたイメージを思い浮かべてしまいそう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク