オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『サーバント×サービス』最終13話.「これで良し 明日につなぐ 楽しい職場」

 ルーシーが、自分の名前に関する根源的な怒りを抱く区役所職員は、長谷部の父だった。
考え得る限り最もヤヤコシイ所にいた「犯人」で、なるほどー、そういう手もあったか。
 更に、過去に父親が示したいい加減な応対は、幼児長谷部の病気が心配で業務に身が入らなかったため、ということを原因としており、長谷部を苦しませる要因満載。
 恋愛成就を阻むシーズン最後のハードル、それへの苦闘がなかなか可笑しかった。

 登場キャラクターについて幸せな恋愛への可能性を見せながら、入り組んだ(という程でも無いけど)人間関係により自由な動きがとれなくなっており、上手くいきそうでいかないもどかしさを面白さに繋げて見せてくれたアニメ。
 個性豊かな男女の日常は、眺めているだけで楽しかったな。
 特に、ルーシー、千早、ウサギ課長が好き。
課長は、第二シーズンがあったら、人間体を表すのだろうか…いや、フツーにオッサンだろうしそんなに見たい訳じゃ無いが。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『恋愛ラボ』最終13話.「その手を重ねて」 | HOME | 『宮河家の空腹』>>

この記事のコメント

最後まで楽しく見る事が出来ました。
ただ一つだけ、これって市役所である必要性があったのでしょうか?
折角、公務員と言う身近でいて遠い存在をモチーフにしているのに、その設定があまり生きていない様な・・・
この作者の前作WORKING!の方はファミレスと言う舞台をちゃんと使って恋愛模様を描いていました。
そういう意味では、もう少し舞台設定が生きていれば更に面白くなったと思います。
2013-10-03 Thu 21:29 | URL | u12 #-[ 編集]
> ただ一つだけ、これって市役所である必要性があったのでしょうか?

 それは、ちょっと思いましたねー。
 でもまあ、学生よりは仕事に責任があり「結婚」も視野に入れられる世代を描きたかったのでしょうし、普通の会社員なら業務中もっと忙しいと思われ、「こんなノンキそうに仕事してられるのも公務員ぐらい」のイメージではありますよね(笑)。
 あああ、凄く忙しく働いていらっしゃる公務員の方々、ごめんなさい。
2013-10-05 Sat 06:04 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |