オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『衝撃ゴウライガン!!』01.「大胆不敵」

 原作・監督・雨宮 慶太、脚本・井上 敏樹という、アクの強い取り合わせによる特撮ドラマ。
 一番インパクトがあったのは…「えええテレビ東京、おっぱい出しても良いことになったの?」という驚き。
妖精のような小さな女性・ナヴィが、全身白塗りにしながら、胸部完全露出。
形の良さもあり、柔らかそうな潰れ方とか、素晴らしい。
 これと、ヒロインはメガネが似合って可愛いなあと思っていたのにラストで外してしまい、次回からどうなるのか?というコトで頭が一杯になり、ストーリーとか入ってこない。

 実際、お話としてはまだホンのさわりで、語るほどのこともなく。
 宇宙でのバトルシーン、頑張ってはいたけど、その割に見ていて力が入らない演出で残念。
 ちょっとテンポが遅いような…戦隊やライダーなら、ここまで半分の時間で終わらせそう。
 井上 敏樹脚本は、乗っているかいないかで別人の作品ぐらい違うため、期待と不安。
 面白くなると良いなあ。
スポンサーサイト

特撮 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『キルラキル KILL la KILL』01.「あざみのごとく棘あれば」 | HOME | 『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』01.「勇者になれなかった俺はレジを打っています。」>>

この記事のコメント

>一番インパクトがあったのは…「えええテレビ東京、おっ○い出しても良いことになったの?」という驚き。

雨宮監督絡みに限定すると、牙狼シリーズの1作目からおっぱ○は必ずといって良い程
出る回はあったと記憶しております。
監督が横山監督に代わった牙狼最新作では、全裸の女性が股間にボカシを入れてw
アクションをやったりもしていました。
2013-10-09 Wed 00:45 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]
> 雨宮監督絡みに限定すると、牙狼シリーズの1作目からおっぱ○は必ずといって良い程
> 出る回はあったと記憶しております。

 ああ、そうだったんですか。
『牙狼』録画はしてるんですけど、視聴が進んでおりませんで(^_^;)

> 監督が横山監督に代わった牙狼最新作では、全裸の女性が股間にボカシを入れてw
> アクションをやったりもしていました。

 えっ!それは色っぽいというより馬鹿馬鹿しそうで、ちょっと見たいですね。
2013-10-09 Wed 10:27 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |