オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『境界の彼方』03.「ムーンライトパープル」

 前回は、秋人のネコ耳母が全部持って行ったような感じ。
「頭のネジゆるそうな巨乳のお母さんって素敵やねぇ~」いや本当、同人誌のネタにされそう。

 今回は、未来の過去(ややこしいな)が語られ、彼女の抱える事情が垣間見えた。
 バトルとコミカルな描写を混ぜながら、少しずつ話を進めてくれるので、分かりやすい。
 しかし…ここまでのところ、京都アニメーションの驚くべき高品質な演出と作画で丁寧にアニメ化されているため「特別な作品」足り得ているけれど、中身は、割合と良くあるライトノベルそのもののような。
発想が飛んでいる『ハルヒ』、パターンを裏側から見た『中二病でも』と比べても、普通に伝奇アクションをやっているように思える。
 それが悪いという訳ではなく、特に難しいところが無いし、気軽に見られて楽しくもあるのだけど。

 凄い力を持ちながら、いつもお金に困っている未来が可愛い。
血液の剣を操るのはともかく、何気なくトラックに飛び移ったり、体術も相当なもの。
どこかで鍛えたのか、「血筋」で出来るのか、剣を形作るのと同じ要領で体内の血液流を操って常人ならざる挙動を可能にしているのか。
 真面目な顔で妙なことを言う部長・美月、毒舌気味の彩華、ほわっとした愛…女の子達がみんな可愛くて嬉しい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『蒼き鋼のアルペジオ』02.「嵐の中へ」 | HOME | 『京騒戯画』02.「やってきたのは妹」>>

この記事のコメント

最終回視聴終了。
うーん、色々と消化不足。
圧倒的に必要な説明がなされていない。
何も1から10まで説明しろって言う事ではなく、最低限の情報すら提示されていないのが、問題。
本来だったら謎が解明された時に、伏線が張ってあったであろう事象についてナルホドとなるハズの展開が、ただの後だしジャンケンにしか感じられない。
原作がちゃんと咀嚼されずに未消化のまま、取り合えずアニメ化しました感が否めない。
合間合間に入る変なギャグのせいで、真面目にダークファンタジーを描こうとする姿勢が見えないのが余計に腹が立つ。
ギャグアニメで投げっぱなしはお約束として成立するが、少なくともこのアニメでそれをやってしまったら、ただの説明責任の放棄としか言いようが、無いのでは?
2013-12-19 Thu 21:15 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |