オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『オズ はじまりの戦い』

 レンタルで映画『オズ はじまりの戦い』を見る。
 サム・ライミ監督、『スパイダーマン』ハリー役のジェームズ・フランコ(見覚えがある、と思いつつも、誰だか分からなかった)主演。

 予告編で見て予想した大体その通りの内容。
 現実世界の魔術師が、魔法や怪物が実際に存在する異世界に飛ばされ、それらとトリックを用いて戦う。
 「魔術師は実は異世界で生まれた大魔導師の息子であり、魔法が使える」とか「主人公はほぼ何もせず結局、魔法の力で勝つ」といったガッカリ展開にならなかったのは結構。
 しかし、ラストのトリック戦以外に「なるほどそう来るのか」という驚きや面白味は少なく、見たような異世界に見たようなファンタジーキャラクターが居て(古典『オズの魔法使い』が元になっているから当たり前か)争っているだけなので、物足りない。

 ダークサイドに堕ちちゃった悪魔女は、救ってやって欲しかったなあ。
それは続編…というか本編へ続かせる都合があるのか。
 『スパイダーマン』サム・ライミの新作、という意味では、ご家族で楽しめるし相応しい内容だろうが、もうちょっと毒や悪ノリが無いと旧世代ファンには寂しい。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ゴールデンタイム』03.「ナイトエスケープ」 | HOME | 『アウトブレイク・カンパニー』03.「汝の名は侵略者」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |