オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『蒼き鋼のアルペジオ』08.「人形の家」

 メガネの学者風キャラクター・ヒュウガは、人類側の弱点を分析して突いてくる科学者型メンタルモデルなんだろうとOPEDを見て思っていたが、こんな人格だとは予想しなかった。
 イオナへの執着…愛で歪みつつも、硫黄島管理運営に恐るべき性能を発揮、しかしどこか冷徹さを残す面白いキャラ。

 群像は、コンゴウ、マヤを島に招待。
思い切った選択だけど、タカオ、ハルナらに島内の自由行動を許している訳で、戦力など情報を隠そうとしても余り意味が無く、これまでのところ「自分たち人間やイオナとの直接接触」によりメンタルモデル達に起きている変化に賭けてみるのも、悪くない考え。
 群像・イオナに対し、霧のメンタルモデルを変えられていく脅威を感じるコンゴウだが、お茶に口を付け、バーベキューも一口かじり、笑顔さえ浮かべて見せ、既に変わりつつあることを窺わせる。
 コンゴウは徹底して非人間的でも良かったかなあ。
容易にデレず(感情化せず)、機械的分析に基づく効率的な行動のみを良しとするような。
 まだチョイとしか出てないがイ400とイ402がそんな…しかしそうすると、扱いによっては機能性の高さより処理能力の低さを感じさせてしまう恐れがあり、難しい。

 イオナは、単に霧の裏切り者。
創造時あるいは配備前のどこかで他の艦とは違う指令を(群像父から?)与えられた、『ターミネーター』シリーズで人間側に付くシュワちゃんみたいなものと思っていたが、根本から異なる存在なのかな。
 霧の艦隊が持つバリア・強制波動装甲は、メンタルモデルが女性形ばかりなせいもあり、「卵子」を思わせる。
侵蝕魚雷や振動魚雷(これでバリア突破は出来ないのか)は、突き刺さる「精子」であり、それらを用いる交戦により「新しい何か」が生まれてくる、というイメージ…とかね。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『境界の彼方』最終12話.「灰色の世界」 | HOME | 『ゴールデンタイム』07.「マスカレード」>>

この記事のコメント

第11話「姉妹」視聴。
イオナと姉妹艦イ-400、イ-402の二度目の戦闘。
しかし前回と違ってイ-401はちょろインさんことタカオのナノマテリアルによって再構築された新造イ-401へと。
その上、ヒュウガをはじめハルナ、キリシマの大戦艦級メンタルモデルをも乗艦。
通常ならいくらイ型潜水艦が優秀であっても、演算処理で圧倒的に不利な状況を押して戦闘に挑むのは本来の“霧”なら避けたであろう。
この時点で既にイ-400、イ-402はコンゴウ同様にイオナに執着していたと言って良い。
もっと言ってしまえば、メンタルモデル化した時点で何れは感情が芽生える宿命だった?
冷静さを欠いたイ-400、イ-402は単艦と見くびったイオナに何の戦術もなく、真っ向から立ち向かう。
前回勝利した事が返って軽率な戦闘へと向かわせたのだろうか?
人間(千早群像)と言う不確定要素を一切無視したのも、前回の勝利で「悪阻るるに足らず。」と判断したのだろうか?
イ-400、イ-402からの呼び出しに答えるイオナ。
前回までのお茶室()と雰囲気が明らかに変わっている事に気付くイ-400、イ-402。
そこでのイオナは前回までとまるで違って、二人を目の前にしてお茶を飲む余裕すらある。
イオナに触れようとするイ-402。
もしもあそこでイ-400が止めに入らなかったら、イオナの感情に触れて蒼の艦隊入りをしたのだろうか。
しかし、話し合いは物別れに終わり戦闘へと突入ー。

2013-12-17 Tue 22:19 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。